FC2ブログ

Please take a look at this

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Posted by 葉月

その先へ 6


『姉ちゃん、今夜は、大学時代の友達に、飲みに誘われてて……』

『了解! 飲みすぎないようにね』

『姉ちゃんは? 遅くなりそうなら、途中、合流して一緒に帰ろうぜ!』

『私は今日は定時予定。サッサと帰ってくるわよ。じゃあ、進は食事要らないね』

『うん。戸締まりちゃんとしとけよ』

『あんた、私をどんだけ子供扱いする気? ほら、もう行かないと遅刻するよ』


あれから1ヶ月。
今朝も姉弟二人暮らしの1日は、いつもと変わらないスタートを切った。

あの思いも寄らなかった見合いの翌日。
道明寺との約束通り、神島さんにはお断りの電話を入れた。

『こちらこそ、突然で申し訳なかったわ。許して下さるかしら? つくしちゃんに幸せになって欲しくて、世話好きが顔を出してしまったの。本当にごめんなさいね』

ミチさんには、こちらが恐縮するくらいに謝られ、続いて電話口に出られた誉さんの言葉も、

『つくしちゃんの返事は分かっていたよ。心配しなくても大丈夫だ。こちらこそ、申し訳なかったね。つくしちゃんの幸せを願ってるのは、私もミチも同じだ。これから先も、私達は君の応援団だから、何かあれば幾らでも知恵も力も貸すからね』

だから、あのお見合いは大丈夫だ、片付けて貰えると安心出来るものだった。
もう会うことはない。


昔と変わらない、あの低い声に特徴のある髪。
あの頃より顔はシャープになり、増した貫禄に大人になった彼の目の下には、隈があった。
顔色も悪い。
そこに心配する思いは込み上げるてくるけれど、それに驚きは感じなかった。

何故なら、知っていたから。
ずっと動かぬ彼を見てきたから。
経済紙や雑誌に載る姿を、彼の活躍と共に。

またそんな日々を、これからもきっと繰り返す。
これまでと同じ生活を送るのが望みであり、こうして仕事を終えて駅に向かう道すがら、一人の夕食に頭悩ますのも、私の日常のひとこまだ。

なのに、嵐はいつも突然やって来る。


「牧野様、先日はお時間を作って下さり、ありがとうございました」

駅を目前に、ロータリーに止まっている黒塗りの車から降り立ったのは、道明寺の秘書──西田さんが腰を折って、今、私の目の前にいる。

あのお見合いに、誰かの思惑が潜んでいるのは分かりきっていた。
それが誰なのかも。

でも、その思惑には悪意を感じられなかった。
私が懸念するもとは全く違う。
そう判断したから、思惑を発信する誰かを追求するつもりはなかったし、あの日で終わると思ってたのに。
まさか、また接触してくるとは……。

神島さんも間に入って要るからと、油断し過ぎていたのかもしれない。

顔を上げた西田さんを無視するわけにもいかず、落ち着いて対応するしかなかった。

「先日の件でしたら、神島会長を通して、既にお断りさせて頂いております」

「はい、承知致しております。また、牧野様がそうされるだろうことも、織り込み済みでした」

「でしたら、もう……」

「どうか今一度、お時間を頂けないでしょうか? 楓社長が、どうしても牧野様にお会いしたいと申しております」

「申し訳ありません。お話することはありません」

「お願い致します。決して、牧野様に無礼を働くことは致しません。だからこそのお見合いだったのですから」

だからこそのお見合い?
意味を持たせた言い回しが気になる。
疑問符を浮かべ黙ってしまったままの私に、西田さんは続けた。
顔色一つも変えずに、魔女が仕掛けた見合いの経緯を。


魔女にとっての見合いは、きっかけにすぎなかったらしい。
そもそも、私が断ると思っていたし、今の道明寺に会ってさえくれれば良かったのだと。

だからこそ、私を可愛がってくれている、神島夫妻の仲介が必要だった。

きっかけを頼み、『また会う』という繋ぎを作るために。
過去を鑑みれば、その繋ぎを私が警戒してしまうはずだからと、自分のしてきた全てを神島会長に話し、牧野つくしに二度と非礼はしないと約束までして。

その約束を反故には出来ない。
神島会長を敵に回せば、道明寺も痛手を負う。
だから、信じて欲しい。
敵意などないから、もう一度、会って欲しいと。
次に会った時に、そう伝えられるよう、あの日の見合いは開かれたと言う。

「社長が求められていた本命は、牧野様に信じて頂き、もう一度、会うことだったのです」

……また、お会いしましょう。

お見合いの日の魔女の声を思い出す。
あれは、建前ではなかったんだ。

「だとしても、どうしてそこまでして……」

「これより先は、社長からお話を聞いて下さい」

そう言って西田さんは、戸惑う私を余所に、車の後部ドアを開け促す。

「社長からこの話を伺った時、私は、自ら率先して社長に協力にしようと思いました」

ドアを開けて待つ西田さんは、変化を見せないと思われた口元に、弧を描いていた。

司様のために。そう、言い添えて。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  6

Comment - 6

Mon
2018.02.26

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/26 (Mon) 02:13 | REPLY |   
Mon
2018.02.26

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/26 (Mon) 07:42 | REPLY |   
Tue
2018.02.27

葉月  

コメントありがとうございます!

*香 様

おはようございます!
今回もコメントありがとうございます。

お見合いからの次回はどうなるのか、ってところで切ってしまいました。
楓さんも、まさかずっと独身でいるとは思ってもみなかったかもしれません。
でも楓さんの子供ですものね。何となく、この二人は似てる気がしてなりません。
次回はどうなるのか、また見守ってやって下さいませ。

さて、SSですが、何とか仕上げました。
ですが、果たしてSSと言えるのか?ってほど長く、2話に分けるべきか未だに思案中です(苦笑)
後程、そちらも更新出来ればと考えております。

いつもお気遣いをありがとうございます。
今回も有り難く読ませて頂きました!

2018/02/27 (Tue) 08:37 | EDIT | REPLY |   
Tue
2018.02.27

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

おはようございます!
今回もお付き合い下さり、ありがとうございます。

つくしからしてみたら、驚きの西田さん登場です。
後ろで操っている楓さんにも、やはり警戒はしてしまうところかなと思います。
次回で、第一章は一先ずお仕舞い、と言ったところでしょうか。
引き続き、見届けてやって下さいませ。

また、いつも沢山のお言葉に、嬉しい気持ちばかりが沸いてきます。
本当に感謝しております。
こちらこそ、これからもお付き合いのほど、宜しくお願い致します!

2018/02/27 (Tue) 08:43 | EDIT | REPLY |   
Thu
2018.03.01

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/01 (Thu) 10:44 | REPLY |   
Thu
2018.03.01

葉月  

コメントありがとうございます!

ゆ**** 様

初めまして!
足を運んで下さり、ありがとうございます!

まだまだ先の長いお話ですが、深夜にup予定の次話にて、また楓さんの心情が窺えるかと思います。
ショッキングな出来事は、かなり先になりますが重いテーマですので、温かく見守って頂ければ幸いです。

どうぞ、今後とも宜しくお願い致します。
コメント、本当に嬉しかったです!
ありがとうございました。

2018/03/01 (Thu) 12:25 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。