FC2ブログ

Please take a look at this

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Posted by 葉月

その先へ 49


お話を読んで下さいます皆様、いつもありがとうございます。このお話の回より、注意書きをさせて頂いた内容が含まれます。まだお読みになられていない方様は、先ずこちら『その先へをお読みになる前に』をご確認頂きましてから、お話にお進みになられますよう、宜しくお願い致します。







部屋の中に、蓮見田社長の豪快な笑い声が響き渡る。

「飼い犬に手を噛まれるとは、まさにこの事ですな。元恋人でもあり、今や側近として働き、貴方の思い人でもある者の裏切り。貴方は彼女に相当怨まれてるようだ。牧野さん? 今後必要とあらば、取締役会や株式総会でも、このことを証言して下さいますかな?」

「えぇ。証言致します」

耳障りな嗤(わら)い声が広がる中で私が目にしたのは、氷のような冷たさを纏った牧野さんの横顔。

真っ直ぐと正面を向いているその顔は、微塵とも崩れない。
いや、牧野さんだけではない。
道明寺サイドは、誰もが動きを見せないままだ。
この状況を、どのように有利に生かし、何を要求してくるのか、黙って見守るしかやるべきことはなかった。

やがて、蓮見田社長の気が済むまで続いていた嗤い声も収まり、
「さて」と、いよいよ無理難題な要求を迫って来るかと身構えた時。

「但し、私の証言が生かされる場があれば、の話です」

感情を覗かせない毅然たる牧野さんの声が、しわがれた蓮見田社長の言葉の先を突然に遮った。

「そんな場は、永遠に訪れることはないでしょうけどね」

更に不敵に言葉を重ねる。

…………やはり牧野さんは牧野さんでしかない。

牧野さんの発言に気持ちが騒いだ。
皆の注目が、また一身に牧野さんに集まる。
端から見れば気付かない程度の驚きを表情に乗せ、今度は副社長も牧野さんを見つめていた。
先程の、耳障りな品のない嗤い声を披露したばかりの蓮見田社長は、不満気に両の口端を下げ、眉間を寄せ目を細めている。
その顔は、心の澱みを反映したように悪人面そのもので、この男に尤も相応しいとも言えた。
対して、この男の息子とは思えない蓮見田専務は、そわそわと焦りを感じている様子だ。

蓮見田社長が牧野さんを眇め見る。

「ほぅー。君は私達の味方だと思っていたのだか、違ったのかね?」

「笑えない冗談ですね。心外です」

「なっ! そんな……」

牧野さんの冷ややかな切り返しに、気弱に言葉を詰まらせたのは蓮見田専務だった。
恐らく、中島海が送って来たメールの写真は、蓮見田専務と牧野さんの密会を写したものだ。
その場において、道明寺を陥れる為に、牧野さんを取り込もうと画策したのも間違いない。
そして、それが失敗に終わったのだと、今この場で知らされての焦りだ。
尤も、蓮見田側の話に、牧野さんが敢えて乗ったように見せた可能性が高い。

「牧野、こっちに座れ」

副社長も状況を把握したのだろう。牧野さんを直ぐ様呼び寄せる。
はい、と返事をして、手帳等を片手に持ちながら立ち上がった牧野さんは、バッグを掴む態で皆に背を向けた一瞬に、周りが聞き取り不能な声で

「西田さん、これを」

折り畳んだ紙片を私の手元に忍ばせた。
素早く黒のトートバッグを空いてる方の手で掴んだ牧野さんは、ソファーへと進む。
道明寺サイドの一番手前に「失礼します」と言って、足元にバッグを置き腰を下ろせば、

「あきら、場所代われ」

この様な場面でも、自分以外の隣は認めないらしい副社長が、美作専務を押し退け、牧野さんが座った横を陣取った。

「ま、牧野さん! 貴方は分かったと言ってくれたじゃないですか! 私共と手を組むと!」

落ち着きを無くした蓮見田専務の騒音をバックに、紙片を開きサッと目を走らす。

…………扉の向こうにSPを五人配置しています。必要とあらば、直ぐに入室させて下さい。

五人?
警備計画書は、念のために頭に入れてある。
内扉の前に二人、外のドアに二人。そして廊下やエレベーターにそれぞれSPを配置し警備をさせている。

私が座る場所から直ぐの扉の向こう、内扉前には、二人のSPだけがいるはずだった。
それが増えている。牧野さんに付けたSPの数の分だけが。
もしかすると、自身にSPを付けさせたのも、増員させるための計画的なものだったのではないか。
だとしたら、それだけ危険な状況に陥る可能性があると言うのか……。
廻る思考は牧野さんの発言により寸断させた。

「確かに『分かりました』と言葉にはしましたが、何か思い違いをさせてしまったようですね。言葉を付け足し忘れたのかもしれません」

「…………ぇ?」

「昔、独り言の癖がありまして、仕事柄、かなり努力して治したんです。
それが効を奏したのか、今度は口に出したつもりが出ていなかったのかもしれません。
頭を下げる貴方に、『分かりました。貴方がそこまで仰るのであれば…………戦う準備は出来ています』そう続けたつもりだったのですが」

言葉を出せないでいる蓮見田専務に、更に付け加えた。

「勿論、戦う相手はあなた方です。あなた方と相容れるはずもないですから」

蓮見田社長は、忌々しげに己の息子に吐き捨てる。

「だからおまえは甘いんだ! 女一人口説き落とせないでどうする! おまえなんかより、よっぽどこの弁護士先生の方が役に立つ。私の側近にしたいくらいだ」

「貴方の飼い犬になったら、遠慮なく噛み付きますよ」

数分前に、副社長を侮辱した揶揄で刺し返し、牧野さんは蓮見田社長もぶった切った。
苦虫を噛み潰したような顔の蓮見田社長に、牧野さんは続けた。

「そもそも、副社長の記憶に関しては、脅しにもなりません。
副社長が仕事に就いて以来、そのことで仕事に影響を来したことはありませんし、数々の実績も作りあげておられます。
正当な理由には値しない。解任要求なんてするだけ無駄でしょうね。
第一、可決の過半数なんて取れるはずもありません」

確かに難しいだろう。
道明寺HDの筆頭株主は、静養中の道明寺会長であり、道明寺の人間はそれぞれに大株主でもある。票を集めるのは難しい。

「仮に奇跡が起きて可決したとしても、総会決議取消裁判で争うことになるでしょう。その時は"証言"しますよ? あなた方の脅迫も含めて」

それと、と続ける牧野さんは、脅しに使った材料を一つずつ潰していく。

「反発する役員になら情報を売れると、尤もらしいことを仰ってますが、おかしいですね。
蓮見田社長? 貴方は既に弊社の川島常務と、何回かの密談を重ねておられますよね?」

道明寺サイドの目が険しくなる。
質問を投げ掛けられた蓮見田社長は、口を一文字に結んだままだ。
川島常務とは、副社長に反発する急先鋒。
それと密談をしていたということは……。

「貴方は、副社長の記憶障害でこちら側に脅しををかける一方で、裏では既にこの情報を川島常務に渡している。売ったのではなく、今後、自分達が優遇して貰えるよう金銭まで渡して。違いますか? 川島常務が副社長の辞任を要求して失脚を仕掛ける前に、川島常務の進退が問われるかと思いますが」

上乗せさせられた質問にも返答はない。

「結構です。貴方がお話にならなくても、一時間ほど前から調査部では、川島常務の聞き取りを開始しています。そろそろ全てが明らかになっている頃かもしれません」

「間違いねぇのか?」

副社長が牧野さんに確認を取る。

「はい。調査部で証拠も掴んでいます」

「西田、確認を」

楓社長の指示より先、画面に呼び出していた番号をタップする。
直ぐに繋がり、調査部より状況を得た。

「川島常務が、1000万の受領を認めたようです」

報告を伝え嘆息する。
1000万で、あっさり蓮見田に付いたのか、川島常務は。
これで解任か、良くて辞任となるだろう。

「貴方もお認めになりますか?」

牧野さんの問いに、またも返事はない。

しかし、牧野さんは一体、どこから蓮見田の動きを掴んでいたのか。
調査部との連携を見れば、やはり中島海と蓮見田が接触を試みた時点で、牧野さんには連絡が行っていたと考えるのが妥当だろう。
中島海は、副社長の記憶に関してを知っている。恐らく、蓮見田側に記憶障害のことを伝えたのは彼女だ。
それを知った牧野さんは警戒を強め、急いで調査部に依頼したのではないか。
中島海だけではなく、蓮見田の動きも調査するようにと。
以前より、蓮見田のことを知っていた牧野さんのことだ。必ず知り得た情報に付けこんで仕掛けてくると踏んだはずだ。
副社長を陥れたくば、蓮見田が接近を図るべく相手も自ずと導き出せる。
それは、副社長の失脚を狙う者────川島常務だ。
自らにも近づいて来た蓮見田を、敢えて油断させた牧野さんは、副社長の敵を炙り出し、排除するつもりだったのではないか。
全ては…………副社長を思うが故に。

しかしそうだとして、何故、副社長に事前にお話にならなかったのだろうか。そこだけが解せない。

「これは参りましたなあ」

やっと口を開いたかと思えば、ふてぶてしい物言いだ。
この余裕はどこから来るのか。

「そうは見えませんが、もう一つ、ご存知ないようですので申し上げておきます。副社長の記憶云々に関しましては完治しており、病院でも異常なしと診断されております。このことに関してのこれ以上の脅迫、及び吹聴はお止めください」

「慌てて医者に見せましたか」

「いいえ。そちらから面会を求められる前。1月31日に受診しています。調べれば分かることです」

慌ててではないものの、これもやはり、牧野さんの計算の内だろう。
念のために病院で診てもらった方が良いと、予約も牧野さんが取り付けたことを思い出す。
この時点で記憶のことが漏れたと知っていたのなら、記憶障害をネタとする脅迫を、撥ね付けるだけの証拠となる。

「蓮見田社長。そろそろ、貴方が本命とするものを提示して頂けませんか? 初めから幾つかの材料を用意してるのでしょうから」

色のない声で牧野さんが言い放つ。
やはりまだ何かあるのか。
それを牧野さんは、どこまで掴んでいる?

「賢い方だ。全部、お見通しってわけですかな?」

「貴方は、法に触れる悪事を働くことが好きなようですしね。美作専務の同席を望まれたことからも分かることです」

確かに、副社長の記憶障害で揺するだけなら、美作専務の同席の意味がない。
つまり、牧野さんのいう本命とやらで、道明寺だけならず、美作専務もを巻き込み、脅しにかかる腹積もりか。

「悪事と知っていながら、どうして貴方がお止めにならないのか、本気で理解に苦しみますが」

牧野さんが、視線と共に話の矛先を向けた相手は、蓮見田側の弁護士だった。

「私のことはお構いなく」

ポツリ返した弁護士に

「残念です」と一言だけ告げると、また牧野さんは、目線の照準を蓮見田社長に合わせた。

「本当に気の強いお嬢さんだ。しかし、道明寺副社長や美作専務はどうかな?」

垂れ下がった頬を引き上げた蓮見田社長は、厭らしい笑みを浮かべる。

「言いたいことあんなら、さっさと言え。拗れた年寄りに、いつまでも付き合ってらんねぇんだよ」

副社長の挑発に蓮見田社長の目尻が険しく吊り上がる。それに構わず、美作専務も後に続いた。

「あんた、事と次第によっては、後がないと思えよ?」

「喧しい! どっちが大人しくなるか見物だな!」

「しゃ、社長! もう、や、止めましょう。行き過ぎです!」

挑発に乗り声を荒げた蓮見田社長を止めたのは、意外にもその息子、蓮見田専務だ。
だが、迫力とは程遠いその言い方は、到底抑止力になるとは思えない。

「煩い黙れ、この役立たずが! 役に立たぬのなら、せめて大人しくしとけ!」

見当通り、息子の抗議にも耳も貸さず睨(ね)め付け黙らせると、不敵に口角を上げた蓮見田社長が、牧野さんに視線を固定させた。

「さて、牧野さん。牧野さんは、どちらが大人しくならざるを得ないと思いますかな?」

「決まってます。あなた方です」

この面会が始まってから、一貫して感情を刻まない牧野さんは、真っ直ぐに蓮見田社長を見ながら平坦な声で言い切った。
普段なら、副社長相手に感情を露にして怒鳴ることもある牧野さんが、その片鱗すら見せない。

「ほほぅ。どこまでも気の強い女性だ。その調子じゃ、もう病気の心配はないようだ」

それは、突然に突き付けられた。
一瞬、聞き間違いかと思うほどに動揺が走り、心に不穏の影をきざす。
牧野さんが病気?
そんな話は訊いていない。
副社長と美作専務も驚いた様子で、二人揃って牧野さんに体ごと向く。

「牧野、病気って何だ」

副社長の口調には、心配と焦りの色が滲んでいた。

「お気遣いなく。貴方に心配されることは何もありません」

それは、副社長にではなく、見据えたままの蓮見田社長に対して返答したもので、

「牧野、大丈夫なのか? どこが悪いんだ? 本当に平気なのか?」

心配を隠しきれない副社長に目を向けない牧野さんは、口を閉ざした。

「流石に牧野さんも答えにくいようだ。道明寺副社長、私から教えて差し上げましょう」

副社長が鋭い眼差しを蓮見田社長に向ける。

「道明寺副社長? 牧野さんは、心の病気を患っていたんですよ」

「なに?」

「レイプにあったせいでね」

「ッ!」


衝撃が心を襲う。
まさか、そんなことが…………。

「ッ……う、嘘……だよな? 牧野……」

副社長の声が震えている。
蓮見田社長を黙って見ていたままの牧野さんは、ゆっくりと副社長の方へと首を動かした。
苦しそうに顔が歪む副社長に、牧野さんは静かに告げた。

「本当です」

咄嗟に声が出そうになる。
しかし、開きかけた口元は、結局、何も言葉を選べず閉じるしかなかった。
今のこの時に何が言えると言うのだ。
受け入れ難い、この悲痛な事実を前に、一体何を……。
私達は、誰もが言葉を失った。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  8

Comment - 8

Mon
2018.06.18

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/18 (Mon) 00:46 | REPLY |   
Mon
2018.06.18

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/18 (Mon) 07:21 | REPLY |   
Mon
2018.06.18

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/18 (Mon) 10:25 | REPLY |   
Mon
2018.06.18

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/18 (Mon) 16:14 | REPLY |   
Wed
2018.06.20

葉月  

コメントありがとうございます!

ふ******** 様

更新にお付き合い下さいまして、ありがとうございます!

先ずは……
読んだ後、眠ることは出来たでしょうか(汗)
本当に女の敵だと思います。
殴りたい気持ちも同じです。
お話では、悪意を過剰に書いておりますが、平気で傷口に塩を塗り込む人も、残念ながら現実にも存在する様です。
つくしの過去の傷が明らかとなり、続きも怒りを感じずにはいられない内容かもしれませんが、引き続き、つくしの雑草魂を見届けて頂ければ幸いです。

コメントありがとうございました!

2018/06/20 (Wed) 13:27 | EDIT | REPLY |   
Wed
2018.06.20

葉月  

コメントありがとうございます!

ゆ**** 様

更新にお付き合いくださり、ありがとうございます!

つくしの隠された過去が、ついに明らかになってしまいました。
司に応えられない……その通りです。
司にもあきらにもダメージは大きく、一番の弱点を突いてきましたが、あまりにも卑怯で許せない遣り口ですよね。
果たして、つくしはどうなるのか。
司は、どうするのか。
引き続き、西田さん視点で描かれる次話も宜しくお願い致します。

コメントありがとうございました!

2018/06/20 (Wed) 13:32 | EDIT | REPLY |   
Wed
2018.06.20

葉月  

コメントありがとうございます!

*香 様

更新にお付き合い下さり、ありがとうございます!

お久しぶりです。お元気でしたか?
いよいよ、つくしの影の部分が明らかとなりました。
この様な内容は、書いているのも辛いもので……。
なら、初めから書くな!と言う話ですが、それでも、雑草のつくしには強く生きて欲しいと願望も込め書き進めています。
そして、つくしには司がいますからね。
きっと二人で乗り越えて行ってくれるはずです。
ラストも見える範囲になって来ました。
早くここをすり抜け、二人の幸せに近付けるよう、更に書き連ねて行きたいと思っています。

コメントありがとうございました!

2018/06/20 (Wed) 13:38 | EDIT | REPLY |   
Wed
2018.06.20

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

更新にお付き合い下さり、ありがとうございます!

とうとう、この回をアップする日が来てしまいました(涙)

先に話はちょっとだけ反れますが……。
司が刺されたことによる~……って、予想して下さいました一文がありましたが、その内容のお話、実は以前に書いたことがあります。
もしかして、似てる点が多いかも!?と、コメントを読ませて頂き、はたと気付きました(苦笑)

で、今回のお話ですが……。
司の敵である川島常務は、あっさり退場して頂き、つくしの過去が、悪意ある故意により明かされてしまいました。
色んな何故?が、まだ残っていると思いますが、知りたいと思って下さる大体のところは、この先の2話ほどで分かると思います。細かいところは、また更に先に書きたいと思います。
今回で明らかになった事実が、黒い塊を形成させた源になっているのは間違いありません。
どのような思いを抱え、この13年生きて来たのか。
まだ辛い内容は継続されますが、その後にはきっと司との未来が!
しかし、その前に……。
中島海ちゃんとも決着をつけなくては!
ラストを迎える時まで、胸苦しいお話しとなっておりますが、次話以降も宜しくお願い致します!

コメントありがとうございました!

2018/06/20 (Wed) 13:46 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。