FC2ブログ

Please take a look at this

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Posted by 葉月

その先へ 46


何とか酔っ払い牧野に酒を止めさせ料亭を出る。
スマホを取り出し車を呼び出そうとするも、

「歩いて帰ろーよー!」

「はぁ? おまえ歩けねぇだろ」

「らいじょーぶ! ど~みょ~じ~、おんぶ!」

酔っ払い牧野は、やりたい放題だ。
何が歩いて帰るだ。俺だけが歩くんじゃねぇかよ。
こっからだと、牧野ン家まで30分ちょいくれぇか。

「早くーおんぶー!」

騒ぐ牧野にあっさり折れ、牧野のバッグを持ち腰を屈める。

「わーい、高ーい。よし、歩けッ!」

俺様気質があったらしい牧野を背負い、素直に命令に従う俺は健気だ。
牧野の望みなら何でも叶えてやりてぇって思っちまう。

「牧野くれぇだぞ? 俺にこんなことさせんのは」

「ふふふっ」

「こら、暴れんな! 落とすぞ!」

ブランブランと両足をぶらつかせ、どこまでも自由に動きやがる。

「どーみょーじは、絶対に落とさないでくれるもーん」

「分かんねぇぞ? 油断すんなよ、この酔っ払い」

「酔っ払いにさせたのは、だあれー? このいじめッ子!」

「おまえが可愛いから遂な、からかい過ぎた。にしても酔いすぎだろーが! って、痛ぇっ! 叩くな!」

牧野が頭をバチンと叩く。

「忘れろー!」

裸のことを言ってるらしい。
やっと思い出したってのに、これから先は、どんな些細なことでも忘れっかよ。

「ヤだね。これからは、勿体ねぇから絶対に忘れてやんねぇ」

「なにそれー! じゃあ~、前にもおぶってくれたのも覚えてるぅ?」

「カナダでだろ?」

当然、覚えてる。即答だ。

「ピンポーン! 正解! ホントに思い出したんだねぇー」

「命の恩人だろ、俺は。おまえの為なら何だってやってやるから、早くまた惚れろ」

「あー、眠くなってきたぁ~」

「てめっ」

散々、騒いでたのに、肝心なところはスルーかよ!
けど、本当に眠かったのか力尽きたのか、牧野の体からするりと力が抜けた。
やがて聞こえてきたのは、俺が巻いているマフラーに顔を埋めた牧野の、一定のリズムを刻む静かな寝息。
肩から胸へとだらりと腕は下がり、安定のなくなった牧野を落とさぬよう、ゆっくりと慎重に歩く。

住宅街に入り静まり返る夜道。
こんな夜も悪くねぇ。牧野が居るなら…………。
ずっと歩いてたって構わねぇくらいだ。

「…………道……明寺」

「ん? 起きたか?」

小さな声を辿って、見辛い角度で牧野を見遣れば、その目は閉じられたままで。
無邪気な寝顔に口角が上がる。

…………寝言かよ。

寝言で名を呼ぶくれぇには、おまえン中に俺が居るって思ってもいいか?

「安心しきった顔で寝やがって、犯すぞ」

出来もしねぇことを嘯き、それでも起きねぇ俺の宝物を大事に大事に運ぶ。
こいつだけは、もう傷付けたくねぇ。
俺のもんになろうがなるまいが、牧野は俺の全てだ。愛することを止めらんねぇ代わりに、最大の愛を注ぐ。
それが俺が俺で居られる証だ。生きる意味だ。
背中から伝わる温もりを噛み締めながら、わざと倍の時間を掛けた冬空の下、心が満ちた静謐(せいひつ)な夜道を歩いた。








***


「おはようございます。顔色は、」
「待て」

道明寺の誕生日翌日。
いつものように出勤し、いつもの手順で挨拶をして体調チェックを始めようとすれば、大きな掌を突き出され先を封じられる。

「人の顔色心配してる場合か。つーか、なに出勤してきてんだよ」

「社会人たるもの、二日酔いで休むなんて許されません。失格です」

今朝、白い目で見られた進から、今日は休むようにとの道明寺からの伝言は聞いていた。
だからと言って、それに甘えて休むなんて出来るわけがない。ポリシーに反する。

「顔色悪りぃだろうが。頭、相当痛いんじゃねぇ? 気持ち悪くねぇか?」

いつもとは逆に、道明寺からの体調チェックが入る。

「大丈夫です」

正直に言えば、頭はガンガンするし、胃がムカムカするけれど、それを言えば、無理矢理にでも即刻退場させられるのは目に見えている。

「ホントかよ。あれだけ酔ってりゃ二日酔いも酷ぇはずだ。記憶だってねぇだろ?」

「……い、いいえ?」

「目泳いでんぞ」

…………確かに、飲み始めて一時間が過ぎた辺りから、殆どの記憶が行方不明だ。

「俺におんぶさせて帰らせたのも覚えてねぇだろ」

怒ってる風ではないし、寧ろ、嬉しそうに笑ってはいるのだけれど、迷惑を掛けたのは確かだ。

「…………す、すみません」

「家に着いた途端起きたと思ったら、靴脱がせろって、背負われたまま蹴り上げた足が、弟の鳩尾にクリーンヒット。見事に決まってたぜ?」

今朝の白い目は、そのせいか…………。
一先ず、進のことは置いておくとして、道明寺にこれ以上の失態を突き付けられるのは居たたまれず、仕事があるからと逃げ出した私は「絶対に無理すんな」と、道明寺の言葉を背に受けながら、早々に執務室を後にした。


飲みたい気分の夜だった。
笑って騒いで、そのひと時だけを楽しめる程には酔いたかった。
他のものなんて何も考えられないくらいに…………。
その希望通りに飲んで、酔って、予定以上に酔い過ぎたけれど、一つだけボンヤリと覚えていることがある。
大きくて、広くて、泣きたくなるほど伝わってくる背中からの温もり。
もう二度と、この温もりに触れることはないのだと、散りゆく記憶の片隅で思った。








***


電話を貰ってから10日後。
私は指定した大きな公園にいた。約束の時間までは、まだ30分程ある。
ベンチに座ると、開いた手帳を膝に置き、ボールペンを手にしたまま、目の前の光景をぼんやりと眺め見た。
芝生が敷き詰められたこの公園には、哀しみに暮れている顔など見当たらない。
小さな子供を連れた家族で賑わい、暖かな雰囲気を湛えてる。
誰もこんな場所でこれから交わされるだろう話なんて、想像もつかないだろう。
どうせ話す内容なんて決まっている。
だったら、人の多い少しでも暖かみのある場所が良かった。
私が以前勤めていた会社も、そこで仲の良かった同僚の名も分かっていたところからしても、私の全てを知ったのだ。
だからこそ、私を呼び出した。
そして私もまた、こういう日が近い内に訪れるだろうと予測もしていた。


座る左側から、段々と近付いて来る気配に気付く。
徐々に距離を無くし、やがて目の前に影が出来ても、立ち上がりはしなかった。
ボールペンをノックし、手帳に挟んで閉じると、膝に置いたまま、ゆるりと視線だけを持ち上げた。

「…………牧野つくしさん、ですよね」

「えぇ」










────どれ程の時間が経っただろうか。


時間の経過も考えられず一人ベンチに座ったまま、頭の中は、一方的に展開された言葉の切れ端で埋まる。


『────本当は、憎んでいるんじゃないですか? 道明寺さんを』

ポーカーフェイスを装いながら、奥底に沈む黒い塊を飲み下すのは、想像以上に難しかった。

『自分も幸せになれたかもしれないのにって』

隠している憎悪を刺激され、押し止める理性との葛藤が苦しかった。

『──────認めるんですね? 牧野さん、絶対に牧野さんを悪いようにはしません。信じて下さい。決して、自分の保身だけじゃありません。牧野さんの為でもあるんです。牧野さんを、これ以上傷付けたくはないから、だからお願いです。証言をしてくれませんか? 手を組んで下さい。一生涯、生活の保障もさせて貰いますから』


必死に頼み込む様に、

『…………分かりました。貴方がそこまで仰るのでしたら……』

そう返せば、深々と何度も頭を下げ、帰って行った背中を見遣りはしなかった。

それからベンチに座ったまま一人。
身動き一つしなかった自分の体が、強くなってきた風に晒され、冷えきっていることに漸く気付く。
手帳をバッグにしまい、代わりにスマートフォンを取り出すと、悴(かじか)み赤くなった指先で、登録してある番号を呼び出した。

「もしもし───」


一際、吹き荒(すさ)ぶ風に、体だけじゃない。心の芯までもが冷え、凍てついていくようだった。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  10

Comment - 10

Mon
2018.06.11

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/11 (Mon) 06:14 | REPLY |   
Mon
2018.06.11

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/11 (Mon) 06:53 | REPLY |   
Mon
2018.06.11

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/11 (Mon) 09:16 | REPLY |   
Mon
2018.06.11

ハニー  

更新ありがとうございました。
もうね、ドッキドキしながら読み進めました。
緊迫してきましたね〜〜。ジワジワ来てます!
この密談の相手は、あの場面に登場したあの人?
電話をかけた相手はあの彼かな?
と想像してますが、、、
どうでしょうか!!

あぁぁぁ、この後、つくしも坊ちゃんも
どうなるの?!
一旦、きっとドーーンと落ちるのかなと想像。
続きも楽しみにお待ちしてますね!

2018/06/11 (Mon) 20:40 | REPLY |   
Tue
2018.06.12

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/06/12 (Tue) 01:35 | REPLY |   
Wed
2018.06.13

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

更新にお付き合い下さり、ありがとうございます!

つくしちゃん、相当ベロベロだったようです。
やはり、気持ちを高ぶらせる何かがあったのか、自然とお酒を飲む量も増えてしまったのかもしれません。
酔いながらも、大きくて広い背中で垣間見れる感情の一部。
そんな中での不穏な気配。
公園で会った相手は誰か、電話を掛けた相手は誰なのか…………そして、それに何一つとして答えられない私のジレンマ!(汗)

間違いないのは、司とつくしが試される時が近づいて来ている、ということだけで、何も語れずで、すみません(汗)
予想通りになるのか、もう暫くお待ちくださいませ!

コメントありがとうございました!

2018/06/13 (Wed) 19:35 | EDIT | REPLY |   
Wed
2018.06.13

葉月  

コメントありがとうございます!

ゆ**** 様

更新にお付き合い下さり、ありがとうございます!

何の証言をするのか気になるところだと思います。
しかも、誰に会って頼まれたのかも明らかにならず、電話した相手も分からないままの、ないない尽くし!
本当にすみません(汗)
つくしを救ってくれるのは誰なのか……。
これはもう、この世にただ一人しか居りません!
そこに辿り着くまでもう少し!引き続き、宜しくお願い致します。

コメントありがとうございました!

2018/06/13 (Wed) 19:40 | EDIT | REPLY |   
Wed
2018.06.13

葉月  

コメントありがとうございます!

***ゃん 様

更新にお付き合い下さり、ありがとうございます!

ドキドキさせてすみません!
しかし、まだドキドキは継続となる模様です(汗)
疑問符ばかりが増えて、ジレジレ感もあるかもしれませんが、これから二人を待ち受けるものは何か……暫しお待ちくださいませ!

コメントありがとうございました!

2018/06/13 (Wed) 19:45 | EDIT | REPLY |   
Wed
2018.06.13

葉月  

コメントありがとうございます!

ハニー 様

更新にお付き合い下さり、ありがとうございます!

ドッキドキの展開ですみません。
分からないづくしですよね!
ハニーさんが想像された密談相手や電話の相手は誰なのか……私も逆に予想してみたり♪笑
この先、全てが明らかになると同時に、ドーンと暗い展開になるのだけは確かです。
そんなお話ではありますが、引き続きお付き合い頂ければ嬉しいです!

コメントありがとうございました!

2018/06/13 (Wed) 19:52 | EDIT | REPLY |   
Wed
2018.06.13

葉月  

コメントありがとうございます!

ふ******** 様

更新にお付き合い下さり、ありがとうございます!

えーっ、撤回ですか?笑
私の妄想も在庫切れに近いので、代わりにお願いします!

誰も傷付かぬよう、それが出来れば一番良いのですが……。
傷を負っても立ち直る再生力が人間には備わっているはず。そう信じて書いております。
二人の幸せの道のりまで、あともう少し!
最後まで宜しくお願い致します。

コメントありがとうございました!

2018/06/13 (Wed) 19:57 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。