FC2ブログ

Please take a look at this

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Posted by 葉月

その先へ 37



自宅に帰りリビングの扉を開けるなり、驚愕の光景に目を見開いた。

「なっ! どうして道明寺が居るのよ!」

驚きのまま叫ぶ私に、

「よぅ」
「よぅ、じゃない!」

笑顔の道明寺は、家のリビングにあるソファーに優雅に座っていて、私の驚きなんかちっとも気に掛けない。

状況が読み込めず立ち竦んだままの私に、もう一人の呑気な声が間に入る。

「姉ちゃん。俺が上がってもらったの。前に姉ちゃん送って貰った時は、お茶の一つも出せなかったんだから。良かったよ、改めてこうしてお礼言えて」

爽やかに言うのは我が弟だ。
だからって……と、言葉に詰まる私と違って、

「いいからコートぐらい脱げよ」

進が淹れただろうコーヒーを口にしながら、どこまでも道明寺はマイペースだ。

突っ立っていても状況は変わらず、もうこうなったら仕方がない、と部屋に行きコートを掛け、手洗いもうがいもして、深い溜息と共にリビングへと戻った。

「で? 今日はどうしたの? それより、仕事ちゃんと片付けて来たんでしょうね?」

今日一日、道明寺は外回りだった。
私が会社を出る時には、西田さん共々まだ帰社していなかったはずだ。
仕事納めと言うことで、道明寺とは午前中に挨拶も済ませ、次に会うのは年が明けてからだとばかり思ってたのに。

まさか、外回り中に逃走してきた訳じゃ……。

疑いの眼差しを向けてみると、何故か道明寺も文句でも言いたげに、流し目で私を見ている。
人の質問には答えもせずに、私を見続けている。
その視線が道明寺の隣に流れ、チラリと視線を短く下に落としたことで、漸く察した。
道明寺が座っているのは二人掛けのソファーだ。当然、私は一人掛けに座っている。
文句が言いたいのは、恐らくそこだ。
道明寺の隣に座らなかったことが、どうやらお気に召さないらしい。

弟だって居るんだから変なこと言わないでよね!と、眉間に皺を寄せ、目に力を込めて無言の念で訴える。
道明寺も不満気な眼差しを寄越しながら、自分の隣を指先でトントンと叩き出して、主張を譲らない。

暫く続いた静かな攻防戦は、段々と私の視線に剣が増すのが分かったのか、先に折れたのは道明寺だった。
横を向き、チッと小さく舌打ちをしたそのタイミングで、いつの間にか部屋に戻って着替えていたのだろうか、コートを引っ掛けた進が口を挟んだ。

「姉ちゃん、俺出掛けてくるから!」

「え? どこ行くの?」

「飲みに誘われててさ。断ってたんだけど、チョッとだけ顔出して来るよ」

「断ってたのに?」

不審に進を見やる。

「んー、まぁ、姉ちゃんが一人寂しく誕生日を迎えるようなら、行くつもりはなかったんだけどね」

え、っと表情が固まる。

「もしかしておまえ、自分の誕生日忘れてたのかよ」

割って入ってきたのは道明寺だ。
今の言い方だと、私の誕生日を道明寺も知っているように聞こえる。

「その顔は図星かよ。ったく! 此処に料理運ばせる手筈になってっから、そろそろ来んだろ。お祝いしようぜ? 弟の分も用意してあるからよ、出掛けんなら帰って来てからでも食えよ」

「え、俺のもですか?」

驚く私の側で、進の顔に無邪気な笑顔が広がる。

「道明寺さん、ありがとうございます! 帰ったら遠慮なく頂きます」

「おぅ、気を付けて行ってこいよ」

「はい! じゃあ、行ってきます。あ……姉ちゃん、誕生日おめでとう!」

「あ、うん。ありがとう」

めでたいと浮かれる歳でもないし、と思うと返すお礼も照れ臭くなる。
私の小さな声に柔らかな笑顔を向けた進は、道明寺にも笑顔のまま会釈して出掛けて行った。



「ねぇ、道明寺?」

さっきの言葉が気になって、道明寺に問い掛ける。

「私の誕生日知ってたの? それで今日ここに?」

「あぁ。好きな女の誕生日くらい把握してるし、一緒に祝いてぇだろ」

「…………」

「んな困った顔すんな」

道明寺はフッと笑うと、身を乗り出して私の腕を掴み引っ張ると、強引に隣へと座らせた。

「俺はおまえが好きだし諦めるつもりも毛頭ねぇ。けどな、俺の想いを受け入れらんねぇからって、おまえがそんな顔すんな」

「…………」

「おまえを直ぐに落とせねぇって覚悟はもう出来てる。俺には、牧野を忘れたっつうペナルティもあるしな」

俯く形になっていた顔をパッと上げで、大きく頭を振った。

「それは不可抗力でしょ。道明寺のせいじゃない」

「でも、牧野を傷付けた。違うか?」

「それは、その……、私もまだ子供だったし……自分勝手だったと思ってる」

だから後悔してる──そう続けたい言葉は呑み込んだ。

「まぁ、長期戦で挑むからよ、気持ちに応えらんねぇにしてもだ。友達っつーんなら、食事くらい付き合え! 何だかんだと理由つけて最近じゃ逃げまくりやがって。俺の楽しみ奪ってんじゃねぇよ」

俺様は、だからこうして戦法を変え、家にまで押しかけて来たのか。

「あんたが人の迷惑省みず、強引な行動に出るからでしょ!」

「おまえを手に入れるためには仕方ねぇ。諦めろ」

「そっちが諦めてよ」

「ひっでぇ女」

言葉とは裏腹に、ニヤリと片側の口角を上げた道明寺は、ランチの時のように私との距離を詰めてきた。
二人がけの小さなソファーだ。詰め寄られれば、直ぐに隙間なくピッタリとくっ付いてしまう。

「ちょっ、離れてってば!」

「ケチケチすんな。変なことはしねぇーよ」

「…………それは知ってるけど」

「ん?」

「道明寺は、私が本気で嫌がることはしない、絶対に。過去の経験から、それは知ってる」

「…………そっか」

「ただね、普通に迷惑だからね? この距離は!」

声を大にして主張したけれど、聞いてるのか聞いていないのか。弛めていた口元を元に戻し、窺う様に黙って見てくる。

「……なに? どうかした?」

「なぁ……昔の俺は、牧野を大切にしてたか?」

何を突然言ってるのだろうと、キョトンとして目をしばたたく。

「俺が記憶してる高校ン時の俺ってのは、怒りとイラつきしかなかったんだよ」

まぁ、確かに、と妙に納得する。
知り合う前は、いつもイライラしてるような鋭い目つきで、絶対に関わりたくないと思っていた存在だ。
いや、知り合ってからもか。
赤札なんて幼稚な遊びに巻き込まれた、最大の被害者だったわけだし。

「女に対しても低俗な生き物だって思ってた。その俺が、おまえをちゃんと大切にしてたかって、優しく出来てたかって。自分じゃ想像つかねぇから余計にな……、自信ねぇ」

最後は尻窄みの声音になった道明寺は、後頭部に手を宛ながら、決まり悪そうに視線を揺らした。

記憶を失くしても尚、過去に遡って気にかけて。そんな人が優しくなかったわけがないじゃない。

ちゃんと伝えたい。
照れなんか取っ払って、一人の男として、どれだけ私を大事に想っていてくれたかを……。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  10

Comment - 10

Wed
2018.05.16

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/16 (Wed) 01:12 | REPLY |   
Wed
2018.05.16

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/16 (Wed) 06:32 | REPLY |   
Wed
2018.05.16

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/16 (Wed) 08:20 | REPLY |   
Wed
2018.05.16

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/05/16 (Wed) 14:00 | REPLY |   
Wed
2018.05.16

ハニー  

こんにちは。
だんだんとつくしの鎧が崩れてきて、2人の心の距離が近付いてきているようで、読んでて胸がいっぱいになってきますね。

つくしに関しては、坊ちゃんは、誰よりも優しかったし、誰よりも真摯だったって、つくしの口からちゃんと伝えてあげてほしい!

坊ちゃん!悩まなくても大丈夫だよ!!

2018/05/16 (Wed) 15:12 | REPLY |   
Thu
2018.05.17

葉月  

コメントありがとうございます!

ふ******** 様

こんにちは!

遅い時間帯にお付き合い下さり、ありがとうございます。
健気な司!
やはり忘れてたしまったことへの引け目なのか、長期戦を覚悟したようです!
つくしが居ない虚無な時間に戻る気はなく、例え時間がかかっても手に入れる為には頑張ってくれるはず!
片やつくしは……(汗)
いよいよ終盤に突入で、つくしの真の思いが明らかになっていきます。
私の中では終わりが見えてきたので、少し寂しく感じているのですが、引き続き、宜しくお願い致します!

コメントありがとうございました!

2018/05/17 (Thu) 12:08 | EDIT | REPLY |   
Thu
2018.05.17

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

こんにちは!

進くんのお陰で、自宅に上がることに成功!
不法侵入ではありませんでした(笑)

そして、司は昔の自分を知りたくて、つくしに尋ねますが……記憶がないって、やはり怖いと思うんですよね。
自分のことなのに自分だけが分からない。
それが、大好きなつくしのこととなれば尚更で、不安になるのも無理ないのかもしれません。
しかし、そんな不安だけに包まれる司ではありませんものね!
つくしを手に入れる為に頑張り続けると思います。


さてさて、以前お話した回に近付いて参りました(汗)
構想は変わってないですょー!
なので、何かが動き出す気配が描かれています。
今夜か明日には更新出来るかと。
とは言っても深夜更新。大変なお仕事の後ですから、一段と疲労度も増してると思います。
誰にでも出来ることじゃないですものね!
疲れが取れ、ゆっくりされた後にでも、また覗いてみて下さいネ!

コメントありがとうございました!

2018/05/17 (Thu) 12:15 | EDIT | REPLY |   
Thu
2018.05.17

葉月  

コメントありがとうございます!

***ゃん 様

こんにちは!

記憶ないのは絶対に不安ですよね。
自分のことなのに自分だけが分からないって、相当、怖い気もします。
チョッと同等に扱うのは違う気もしますが、お酒で記憶をなくすのも怖いって聞いたことありますし、何を仕出かした自分!と思うそうです(苦笑)
今夜はきっと、つくしが大切にして貰った事実を、司に伝えてくれるはず!
なので司には、心置きなくつくしを追いかけ回して貰いたいと思います!

コメントありがとうございました!

2018/05/17 (Thu) 12:21 | EDIT | REPLY |   
Thu
2018.05.17

葉月  

コメントありがとうございます!

さ**** 様

こんにちは!

読んで下さり、ありがとうございます。
二人の静かな攻防戦は、一先ずつくしの勝利!
しかし、それで引く司じゃありませんから、二人きりになり、ちゃっかりお隣に!
でも、今回のお話では、弱さも可愛さも持ち合わせてる司ですので、昔の自分に不安になる部分も露になっちゃいました。
強いはずの司の弱い部分を見るのが好き!と言う、私の好みが大いに反映されてる気がしないでもありませんが、さ****さんも、きっと好みは同じはず!?(笑)
勝手にそういうことにさせて頂き、続きも書いて行きたいと思います♪

コメントありがとうございました!

2018/05/17 (Thu) 12:26 | EDIT | REPLY |   
Thu
2018.05.17

葉月  

コメントありがとうございます!

ハニー 様

こんにちは!
読んで下さり、ありがとうございます。

司は、過去の自分に不安を抱いた様です。
つくしを想えばこそ、余計に気になってしまうところかもしれません。
しかし、そこはちゃんとつくしが教えてあげるかと!
純粋で一途で大切にしてくれていましたし、それを伝えれば、ストーカー気質復活!
司らしく、めげずにつくしを追いかけ回してくれると思います(笑)

これから、つくしにも動きが出てくる終盤戦に入ります。
引き続き、お付き合い頂ければ幸いです。

コメントありがとうございました!

2018/05/17 (Thu) 12:31 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。