Please take a look at this

その先へ 2


──── 一体、何が起きているというのか。

私は今、先週、会ったばかりの老婦──神島(かみじま)サチさんと、その夫である神島誉(ほまれ)さんに、半ば強引に誘われ、休日の昼、待ち合わせ場所に指定された銀座の寿司屋の前に来ていた。

自らの意思では来ることもないだろう高級店に足を踏み入れ、個室のドアが店員によって開かれた、その刹那。

ドクンと鼓動した胸は痛みを伴い、一瞬、息をするのも忘れた。
そのお陰で、衝撃の声は漏らさずには済んだが、思いもよらぬ光景を前に、金縛りにでもあったかのように体が動かない。
見開いた目を動かし、視線を外すのがやっとだった。

サチさんのお願いとはいえ、安易に聞き入れてしまったことを早くも後悔する。

──いつか孫と一緒に出掛けて食事をして、そんな夢があったの。

──叶わぬ夢だと思ってたけど、本当の孫のように思ってるつくしちゃんとお出掛け出来たら、こんな嬉しいことはないわ。

──年寄りの我が儘だと思って、私達の願いを叶えてはもらえないかしら。


「つくしちゃん、急にごめんなさいね。驚かしてしまったわね。さぁさ、こちらにいらして」


先に店に着いていたサチさんが、座っていた椅子から立ち上がる。
あまりにも動かない私の隣までやって来ると、小さな手のひらで背中を押し、腕をも掴んだ。

程よい空間であるはずなのに窮屈にしか感じられない私は、視線の矛先を、ただひたすらに神島夫妻だけに向けた。


「え、えっと……す、すみません。これは一体どういうことでしょうか?」


動揺しながらも何とか問いただしてはみたものの、次の瞬間、誉さんの答えに絶句することとなる。


「驚かせてしまったね、つくしちゃん。まぁ、お見合いって言っても、そう固く考えずに、まずは気楽に食事を楽しもうじゃないか」

「……ッ!」

「あなた、つくしちゃんにはまだお見合いって話してないのよ? いきなり言ったら、余計びっくりさせちゃうじゃないの」


……お見合い

そう言葉にするのも難しく、こんな降って湧いたような話を、理解したくないと頭が拒絶する。

どんな策略が隠れてるのかも分からない。易々と中に入るわけにはいかない。

バクバクと騒ぐ胸を押さえながら踏ん張るも、半歩、また半歩と促され、意思とは反対に中へと進んで行く。

適当に言い訳つけて、とにもかくにもこの場から退散しよう。そう思ってたのに……。


「先ずは、お座りになって。……牧野さん」


私の思考を遮ったのは、12年ぶりに聞く魔女の声だった。

これが正真正銘のお見合いだとするならば、当然その相手となりうる人物がいるわけで……。
視界に収めないよう頑なに動きを止めていた視線を、ゆっくりとさ迷わせれば、惹き付けられるように一人にと止まる。

魔女と、昔会ったことのある秘書。その間に挟まれ座っているその人こそが、お見合いの相手であり────嘗ての私の恋人だった。

彼が真っ直ぐに私を見る。
何の感情も読み取れない、無の表情のままで。


「初めまして、道明寺司です。今日はご無理を言って申し訳ない」


低いのに響きの良い声も、遠くからでも分かるだろう髪質も、昔と然程変わってはいない。
そして、疑う余地もない彼の言葉に思い知る。

何も思い出してはいないんだと。
あれからずっと、私を忘れたままなんだと。

彼に続いて、道明寺の第一秘書を務めているらしい西田さんの挨拶は、音として通り過ぎてくだけで、12年前と何も変わってはいないという現実に、無意識に息が零れ出た。


吐き出されたそれに乗せたのは、淋しさでもあり、悲しみでもあり────何より安堵でもあった。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  8

Comment 8

Sat
2018.02.17

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/17 (Sat) 06:25 | REPLY |   
Sat
2018.02.17

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/02/17 (Sat) 21:38 | REPLY |   
Sun
2018.02.18

ハニー  

はじめまして

新しいサイトをランキングで見つけ
やって参りました。
少しシリアスな展開となるのでしょうか。
出だしからグイグイ引き込まれました。
更新をとても楽しみにしていますので、ぜひ
長くお続け下さいね。

2018/02/18 (Sun) 10:21 | REPLY |   
Sun
2018.02.18

スリーシスターズ  

こんにちは。
初めまして。

つかつく大好き、新サイトオープンで飛んで参りました!
これからのお話の展開にドキドキしています。
楽しみに待ってます。
頑張ってください(^-^)/

2018/02/18 (Sun) 15:25 | REPLY |   
Sun
2018.02.18

葉月  

コメントありがとうございます!

*香 様

こんにちは!
お話にお付き合い下さり、ありがとうございます。

記憶ネタは、確かに多かったかもしれませんね。雨の別れと共に多かったかもと記憶しています。
我が家の話はどうなっていくのか、書いてる本人が不安要素で一杯ですが、引き続き温かく見守って頂ければ幸いです。

また心のこもった沢山のお言葉、本当に感謝です。
以前にも書き手をしていたのですが、何しろブランクがあるので、ドキドキしながら手探り状態でやっております。
色々と教えて下さいね!

優しい心遣いの数々に癒されつつ、凝り固まった脳にカツを入れて励んで行きたいと思います。
コメント、本当にありがとうございました!

2018/02/18 (Sun) 15:36 | EDIT | REPLY |   
Sun
2018.02.18

葉月  

コメントありがとうございます!

み***ん 様

初めまして、葉月と申します。
お越し頂きましてありがとうございます。

はい、つかつくです!
司贔屓で妄想が極端に片寄っている故に、CPは、つくつくonlyで書いていきたいと思っています。
また次話では、楓さんの気持ちの、さわりが見えるかもしれません。
夜中になってしいますが更新出来ればと考えておりますので、またお付き合い頂ければ幸いです。
今後とも、宜しくお願い致します。

2018/02/18 (Sun) 15:47 | EDIT | REPLY |   
Sun
2018.02.18

葉月  

コメントありがとうございます!

ハニー 様

初めまして!
見つけて下さり、また足を運んで頂きまして、ありがとうございます。

このお話は、重いテーマも含まれますので、全体のバランスを考えながら、シリアスとライト的な感じとを取り入れられればと考えております。
少しでも楽しんで頂ければ嬉しいです!
今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

2018/02/18 (Sun) 15:55 | EDIT | REPLY |   
Sun
2018.02.18

葉月  

コメントありがとうございます!

スリーシスターズ 様

初めまして!
お越し頂き、ありがとうございます。

つかつく大好きとの事で、駄文ではありますが、一緒に楽しんで頂けたなら、この上なく幸せです♪
まだまだ自分のペースを掴みきれていない状態ですが、温かく見守って下さいませ。
今後とも、お付き合いのほど宜しくお願い致します!

2018/02/18 (Sun) 16:01 | EDIT | REPLY |   

Post a comment