Please take a look at this

その先へ 22

牧野との食事は、あっという間に時間が過ぎて行った。
タクシーで帰ると遠慮する牧野を、迎えに来させた車に無理やり突っ込めば、走り出した途端に鳴るスマホ。

「悪りぃ」と、牧野に断りを入れ、取引先の社長からの電話を受けること2、3分。

…………早ぇ。

スマホを切り、右隣にいる牧野に目を向ければ、頭を垂れてスヤスヤと寝ている。

車に乗るまで足取りは乱れてなかったが、やはり飲み過ぎたか?

「……おい……牧野?」

起きて欲しい気持ちと、寝かせといてやりたい気持ちがせめぎ合い、掛ける声も躊躇して自然と小さくなる。

起きねぇよな……しかも、こんな小声じゃ。
どうすっか。
こいつが寝てちゃ、家も分かんねぇし。
だいたいの場所は聞いたが、細かい番地までは聞いちゃいねぇ。

やっぱ起こすべきか? と悩みながら牧野を見ると、頭がコクンコクンと揺れている。

流れ落ちる黒髪で、その寝顔は隠れてるが、こうして無防備に寝てる姿は小さくて、日頃、パワフルに動き回ってんのが嘘みてぇに見える。
こんな華奢な体であちこち駆けずり回ってりゃ、そろそろ電池も切れるころかと、何だか起こすのは可哀想で止めた。

スマホを再び取り出し電話を西田に繋げようとするも、それも止めて、話し声で起きないようにとメールに切り替える。
牧野の自宅を調べて運転手に知らせろ、とチマチマと打ち終えスマホをしまった。


静かな車内。

大人しく眠る華奢な女を目に入れ、今夜過ごした時間を思い出す。
飲んで、食って、色んなこと話して。ついでに連絡先も交換して。
一緒に過ごした時間のどこを刻んでも、不思議なほど俺は心が和んでいた。
夢と同じように。

それも、当然なのかもしんねぇなと、今日つくづく思った。
夢に出て来る女こそが、おまえなんだろうから。

夢に出てくる女は、顔が見えない。
いつだって霞んだままだ。
分かるのは、英徳の制服を着ているのと、俺を『道明寺!』って呼ぶ声だけ。

ずっと、それが誰なのかなんて分からなかった。
それ以前に、ただの夢だと深く追及することもなかった。夢なんて非現実的な世界なんだからと。
その非現実的な世界にいる時だけ、俺はいつだって穏やかでいられた。
NYに行ってからも今でも。

漠然と、もしかしたら夢の女は牧野なんじゃないか? と、考えるようになったのは、こいつが俺のテリトリーに入って来ても、違和感を感じなくなった頃か。
調査書の結果からして、俺達が付き合ってたのは間違いないんだろう。
だったら、牧野の可能性もあるんじゃねぇかって。

だから、ランチの時に牧野に聞いた。
おまえは、俺を何て呼んでた? と。
答えは 予想通りだ。
俺を名字で呼び捨てにするヤツは他にはいない。
やっぱりおまえなのかと、あん時は、牧野の顔をじっと見入っちまった程だ。
顔のないはずの女が今、目の前にいるのかと確認するように。
牧野が俺の前から立ち去って行った時の、曖昧だった記憶も、思い出せば確かに牧野は俺を夢と同じように呼んでいた。

夢では顔は見えずとも、その声はいつだって明るく弾んでいて、そして俺もまた、夢だと分かっちゃいるのに、その心地好さにすがった。
たった、束の間の夢に。

そんな夢の女と牧野が同じ人物だとしたら、こんなに心が休まるのも、おかしかねぇ。
牧野に "道明寺" と呼ばれれば、どこかくすぐったくて、懐かしくて。
あの夢も、俺の消えた記憶の断片だとも考えられる。
なんで今まで気付かなかった?……って、今更か。
あの頃の俺には、そんな余裕すらなかった。
失くした記憶が何なのか分からず、イラつきが先行して、それを牧野にぶつけてた気もする。
幼馴染達の焦れてる様子にも腹がたった。
誰よりも俺が記憶を取り戻してぇって願ってんのに、何一つ思い出せねぇジレンマ。

自分の記憶が突然削られることが、どれだけ不安で恐怖か分かるか! 誰かに叫びたい衝動の中、宛もなく答えを探す日々。
何の手掛かりもなしに、探る程に焦り、焦る程に探って。

それでも見つけらんねぇのは、どうしてか。
やがてそれは、見つけらんねぇ、どうしても。と、思いの秤が諦めに寄った。

あきらや総二郎がこそこそしてんのも、訴えかけるような目つきの類にもうんざりで、逃げるようにNY行きをあっさり決めた俺は…………、

希望も見付けられず疲れ果て、全てのものに求めることを止めた。

牧野が気に病むのが嫌でさっきは話さなかったが、アイツ等からも記憶からも、全部を面倒という枠で片付け、本当は逃げ出したんだ。



「ごめんな」

唐突に込み上げた想いが口から滑り落ち、真っ直ぐな黒髪をそっとひと撫でした。

起こさないよう気遣い、直ぐに手を引いた俺は、今度は漏れ聞こえぬよう胸の内でひっそりと問う。
誰も答えなど持たない、遣りきれない問いを……。


なんで俺は、おまえを忘れちまったんだろうな……、と。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  8

Comment 8

Sun
2018.04.01

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/01 (Sun) 00:26 | REPLY |   
Sun
2018.04.01

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/01 (Sun) 02:18 | REPLY |   
Sun
2018.04.01

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/01 (Sun) 07:19 | REPLY |   
Sun
2018.04.01

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/04/01 (Sun) 16:09 | REPLY |   
Mon
2018.04.02

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

こんにちは!
続きを読んで下さり、ありがとうございます!

今回は、当時の司の心情に触れてみました。
あの頃は、あまりにも司が不憫で……。
突然、記憶が消えてたら、と思うと不安にもなりますよね。
寂しがり屋な司なら尚更だったかと思います。
当時は、司側に立つ友人達が余りにも少なかったですし、認めたくはないですが、その後の言動も決して受け入れられませんが、海ちゃんがするりと近づけたのも、また傍に置いたのも、何となく気持ちが分からないでもないような……。
逆を返せば、海ちゃんを近くに置くほどまでに、司は不安や寂しさを感じていたんだと思います。

今回のお話では、司もつくしも冷静に当時を振り返り、相手の心情を汲み取れるくらいには大人になっております。
でも12年の年月が流れておりますから……。
後ろばかりを振り返らず、前へ進めるのはいつなのか!
少しずつ司の中には変化が起き始めておりますので、二人の行方を引き続き見守ってやって下さいませ!

コメントありがとうございました!

2018/04/02 (Mon) 17:37 | EDIT | REPLY |   
Mon
2018.04.02

葉月  

コメントありがとうございます!

*香 様

お話にお付き合い下さり、ありがとうございます!

不憫ですよね(汗)
今は、冷静に過去を振り返られるほど、司も大人になりました!
これは、司にもつくしにも言えると思いますが、あの当時に冷静でいろ、と言う方が酷だったかもしれません。
まだ二人とも高校生でしたしね。
司の中に変化が起き、これを司はどう捉えて行くのか、引き続き宜しくお願い致します。

コメントありがとうございました!

2018/04/02 (Mon) 17:43 | EDIT | REPLY |   
Mon
2018.04.02

葉月  

コメントありがとうございます!

ゆ**** 様

お話にお付き合い下さり、ありがとうございます!

そうですよね!
何故、忘れたのかは、二人にとって必要ではないですよね。
過去に囚われていては、誰も幸せにはなりません。
早くそのことに気付いて前へと進めれば良いのですが……(汗)
夢にまで置いた大切な人なのですから!
まだ時間は掛かるかもしれませんが、二人の行く末を見守り続けてやって下さいませ!

コメントありがとうございました!

2018/04/02 (Mon) 17:47 | EDIT | REPLY |   
Mon
2018.04.02

葉月  

コメントありがとうございます!

ゴ*** 様

初めまして!
足を運んで下さり、ありがとうございます。

漸く、司は自分の中の変化に気付き始めた様です。
これをどう捉えていくのか。又、記憶は戻るのか。
徐々に明らかになっていくかと思います。

また、気になられたもう一点の方ですが……。
ゴ***さんの鋭い推察にビックリです(笑)
次の次になりますが、24話から…………以下自主規制!
危うく話してしまいそうでしたので、今回は此処までで!(笑)
引き続き、お付き合い頂けたら幸いです。
今後とも宜しくお願い致します。

コメントありがとうございました!

2018/04/02 (Mon) 17:53 | EDIT | REPLY |   

Post a comment