FC2ブログ

Please take a look at this

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Posted by 葉月

その先へ 21


美味しいお酒と美味しい料理に、弾む会話。

とは言っても、道明寺発信の、答えるのは私。そんな図式がずっと続いてる。

何処に住んでる?とか、独り暮らしか? とか。あの緑色の正体はなんだ?まで様々に及んで。

なんで機嫌悪かったんだ? って質問には、弟とチョット、と嘘で濁し、身近にいた道明寺に八つ当たりしてしまって『ごめん』と謝ったそこだけには、そっと本音を乗せた。

念のため、カフェで好きなやつ全部教えろ!って言われて答えた時には、手帳を取り出して書き込むもんだから『何の取り調べよ!』と笑って。そんな風に話は続けられてたのに……。


「おまえ、なんで転校したんだ? もしかして、俺のせいか?」

それは、唐突だった。
シャンパンを口に含みグラスを置けば、急にあの頃へと話題が飛ぶ。
否定と共に理由を曖昧に答えて、

「違うから!…………両親が仕事で地方に引っ越すことになって、それで。それよりさ?」

話題をすり替える。

「副社長、私のことどこまで知ってるの? 当時、NYにいたはずの副社長が、なんで私が転校したこと知ってんのか、不思議なんですけど!」

「決まってんだろ。調べたからだ」

「うわ、人の個人情報を……しかも、弁護士の私の前で、堂々と言うその開き直りっぷり」

「文句なら西田に言え。指示出す前に調べてあったんだからよ」

「流石は、手際が良いことで……」

返した小さな嫌みは綺麗に流された。

「なぁ、アイツ等とは今でも連絡取ってんのか?」

道明寺の指すアイツ等が誰達なのかは、考えるまでもない。
瞬時に懐かしい面々が脳裏に浮かぶ。

「ううん……。東京を離れちゃったからね。それきりで。」

「……類とも?」

訊いておきながらあからさまに視線を外され、眉間に皺が寄る。

「まさか、私が花沢類の彼女だったなんて、疑ってんじゃないでしょうね?」

チラっと私と目を合わせた道明寺は、気まずそうに「イヤ」と否定し、続けた。

「報告書には、類との関係は載ってなかったしな」

「当時の私の言葉は信じず、報告書は信じるわけね」

「まぁ、うちの調査部は優秀だかんな。小さなことでも徹底的に拾うし、黒だと思えば証拠も必ず炙り出し見つけ出す集団だ」

そんな自慢気に説明されても怖いだけで、まさか私のことも必要以上に調べてないかと不安さえ生まれる。
もうこの話は勘弁と話を元に戻した。

「副社長は、たまに会ったりする?」

「いや。NYに行ってから連絡も取ってねぇ。たまにパーティーで見かけたりはすっけど」

「え、連絡も取ってないの?」

「ああ」


嘘、ずっと?

道明寺とみんなが一緒に居るところを、私が最後に見たのは、まだ道明寺が入院していた頃だ。
退院したのも私は吊り広告で知ったし、その後、電話をくれた西門さんも、知らされなかったと言ってたのを覚えている。
それから直ぐ私は道明寺と別れたし、道明寺もまた、間を置かずしてNYへ行ったはず。

「NY時代は地獄だったからな。遊ぶ暇なんかねぇーよ。息子とも思わず、人間扱いすらしねぇババァのおかげでよ。帰国してもハードな生活は変わんねーし、いつまでも学生気分じゃいらんねぇだろ」

笑って話すけど、本当は違うんじゃないかと不意に思った。

あの頃、何で私だけ忘れるの? と責める気持ちを抱(いだ)きながら思い出して欲しかった私と、私を心配するからこそ、記憶を取り戻すことを願ってくれていた友人達。

それが、無意識のうちに道明寺を追い詰めてたとしたら?
だから、誰にも退院を知らせなかったんじゃないの?
責められてるようで、居たたまれなくて……だから、みんなとも距離を置いた?
一気に疑念が溢れかえる。

記憶を失くして不安だったのは、他でもない、道明寺自身だ。
好きで記憶を失った訳じゃないのに。
どうしてあの頃、そんな風に考えてあげられなかったんだろう。
どうして、道明寺の気持ちに寄り添ってあげられなかったんだろう。
それまでだって、寂しい環境で育ってきた人だ。誰よりも寂しさを恨んでた人だ。
それを素直に表に出せない不器用な男だって知ってたはずなのに。
何故、そんな彼を孤独にさせてしまったんだろう。

でも、もう遅い。
後悔しても、全てが手遅れだ。

道明寺の心の隙間を埋めたのは、きっと海ちゃんだ。
その海ちゃんが今も居る。

「おい、どうした? 黙りこくって」

「……いやー、親の心子知らずだなあって。社長は息子愛してるのになぁー、って思ってさ。報われないよねぇ」

去来するものを悟られないように、ふざけ口調で誤魔化す。

「気持ち悪りぃこと言うな。メシが不味くなる。それよりよ、おまえ副社長って呼ぶの止めろよ。仕事じゃねぇんだし」

「え? これ残業でしょ? 西田さん言ってたじゃん」

「ちげぇっ、仕事じゃねぇ。だから普通にしろ」

「分かった。あんたさぁ──」

「なんでそうなんだよ」

「え?」

肩を落としたように、道明寺が息を一つ逃す。

「だからッ……! 呼び捨てでいい。昔みたいに」

照れ臭そうに横を向いまま道明寺が言う。

自分の中では、いつだって道明寺だ。
昔も今も、変わらず道明寺って呼び続けている。
でも、本人に向かって言うのは、昔との関係が崩れてるだけに、何となく躊躇いがあったけど、道明寺が望むならそうすれば良い。

「道明寺! 飲んでばっかいないで、ちゃんと食べなさいよ!」

「おう」

目線を合わせた道明寺が、嬉しそうに笑みを浮かべながら食べる姿を見て、私も料理を口へと運ぶ。
奥底を覗かれないように、目の前にある料理を堪能することだけに集中する。

「美味いか?」

「うん、こんな美味しいの初めて!」

「ホントおまえは、美味そうに食うよな」

「道明寺が感情薄すぎなの! 人生損してるよ? 前にも言ったでしょ?」

「…………だからだろ?」

「ん?」

「おまえが、楽しいとか、面白いとか、そういうの見つけろって言ったんじゃねぇかよ」

「まぁ、言ったけど……」

「だから見つけた。牧野が食う姿見るのは面白ぇ」

「はぁ!? ちょ、ちょっと面白いって、何よそれ! 女性に対してそれはないでしょ!」

「しょうがねーだろ、面白ぇもんは面白ぇんだから。 ほら、フグみてぇに膨れんな。デザートも食わせてやるから、笑わせろよ?」

「ちょっとッ! あたしで遊ばないでよねッ!」

口を尖らせて、そして笑った。
道明寺も笑いながら、私に食べさせるためのデザートを選んでる。

再会した時とはまるで違う、道明寺の表情。
その目の前の笑顔に思う。
この笑顔が、どうか消え失せませんようにと、道明寺の幸せを改めて願った。

今の瞬間にも愛しさを感じてしまう、そんな自分を戒めながら。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  9

Comment - 9

Fri
2018.03.30

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/30 (Fri) 00:17 | REPLY |   
Fri
2018.03.30

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/30 (Fri) 00:51 | REPLY |   
Fri
2018.03.30

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/30 (Fri) 06:22 | REPLY |   
Fri
2018.03.30

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/30 (Fri) 08:54 | REPLY |   
Fri
2018.03.30

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/30 (Fri) 14:04 | REPLY |   
Sat
2018.03.31

葉月  

コメントありがとうございます!

み* 様

お話を読んで下さり、ありがとうございます!

まだ誤解は誤解のままでして……。
早く司が気付けば良いのですけど、なんせ捉え方に隔たりがありますので、どうなることか(汗)
どの様な形で事実をつくしが知るのか、あと数話ほどお待ち下さいませ!

コメントありがとうございました!

2018/03/31 (Sat) 18:43 | EDIT | REPLY |   
Sat
2018.03.31

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

お話にお付き合い下さり&色々とありがとうございます!(笑)

昔話に流れて、つくしは一気に切なモードに……。
あの頃は、現実を見るだけで精一杯で、その側面をなぞるのは難しかったかもしれませんね。まだ17歳でしたし……。
大人になり、また冷静になってから見えてくるものもあって後悔も生まれますが、今は海が隣に……って思ってる勘違い!
もうどうしましょ!
早いとこ誤解を解くべきなのですが、何しろ司があんな風なので……(汗)
あともう少々、ジレジレにお付き合い下さいませ。

次回は司の心情が垣間見れるかもです。
またいつもの時間に更新出来ればと思っております。

本当に暖かい日が続いていて……。
一度、その暖かさを知ってしまうと、寒さが殊更に堪えますよねぇ!
クリーニングに出したコートを出さずに済みますように!

コメントありがとうございました!

2018/03/31 (Sat) 18:56 | EDIT | REPLY |   
Sat
2018.03.31

葉月  

コメントありがとうございます!

*香 様

お付き合い下さり、ありがとうございます!

萌えポイントがあったようで良かったです(笑)
特殊な環境下で育った司ですから、幸せになって欲しいですよね。
そんな中でも、椿だったりタマさんだったり、F3との繋がりもあった訳ですから、そういう存在がいる幸せも感じて欲しいなって思います。

懐かしいサイト様が!
仮面夫婦(笑)
コメディからシリアスまで、文章の運びが本当に素晴らしく、そして面白い!何度も読ませて頂いた記憶があります。
何年先でも続きを待ちたいと思います。

コメントありがとうございました!

2018/03/31 (Sat) 19:04 | EDIT | REPLY |   
Sat
2018.03.31

葉月  

コメントありがとうございます!

ゆ**** 様

お話を読んで下さり、ありがとうございます!

それぞれに、あの過去には思うことがあり、また、今だからこそ新たに思うことも生まれてしまうんでしょうね。
だからと言って、悔やむばかりでは幸せにはなれません。
そんな思考から早く脱却させられるよう、
お話を書くスピードを上げたいと思います!

コメントありがとうございました!

2018/03/31 (Sat) 19:10 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。