FC2ブログ

Please take a look at this

手を伸ばせば⋯⋯ 49



「どこに向かってるの?」

「着けば分かるよ。もう少しで着くから」

牧野はそれ以上は何も言わなかった。
それから暫くして、目的地に車が止まる。
俺は初めから、牧野と話すならこの場所しかないと決めていた。

「牧野、着いたよ。降りて」
「ここは⋯⋯」

窓から望む景色でここがどこか分かったようだ。
待っても降りようとしない牧野の細い手首を掴んで車から降ろし、降りてからも足に力を入れているのか、抵抗を感じる牧野を引っ張って歩く。
きっちり同じ場所まで来て足を止めると、牧野は顔を背けた。

「牧野、ちゃんと見て? 牧野が恐れている事の始まりは全てここにある」

牧野を連れてきた場所は、約12年前に司が刺された桟橋前。

「どうして顔を背ける? 病気じゃないって言うんなら、冷静でいられるはずだ。
ここだよね、牧野。司が刺されたのは。あれからもうすぐ12年になる」

牧野は決して見ようとはせず、唇を噛んでいた。

「牧野、どうして普通にしていられない?」

「⋯⋯⋯⋯」

「答えられないなら俺が教えてあげるよ。
ここは、司が刺された場所だから。生死を彷徨うほどの怪我を負って、恋人を失う恐怖を味わった場所だからだ。それをきっかけに全てを変えてしまった恐怖が、今も牧野の心を支配している。まだ、牧野の傷は癒えていない」

「ちが⋯⋯ち、違う」

否定する声は震えて説得力を持たない。

「あの日、司はここで刺されアスファルトを血で染めたはずだ。そして意識のなくなった司は、牧野の前で倒れた」

「止めて⋯⋯」

「これが牧野が受けた最初の傷。あの時、病院で牧野は、危険な状態にあった司が助かるようにって、ひたすら祈ってたよね。
その祈りが通じてか助かったのに、司は牧野だけを忘れた。それが二つ目の傷だ。
そして三つ目。牧野が最後に受けた傷。それが⋯⋯、司にレイプされたこと」

逸らしていた目を最大に見開き俺を見る。

「な、なに言って⋯⋯そんなことない⋯⋯馬鹿なこと言わないで」

「やっぱり庇うんだね、司を。そうやって庇うのに、一方で牧野は司を恨んでる。でも牧野は、そうするしかなかったんじゃないかって、俺は思ってる。第三の傷を受けても尚、司へと向かってしまう自分の気持ちに理由を持たせるには、憎むしかなかったんじゃないかって。
全ての傷の始まりは、ここから始まった。あの事件さえなければ、二人は幸せになれたかも知れないのに、この場所が牧野を想っていた司の記憶を奪い、何もかも滅茶苦茶にした。そんな二人の運命を変えてしまったあの事件が、司を失う恐怖が、未だに牧野を支配し苦しめている⋯⋯違う?」

また目を逸らしてしまった牧野の肩を掴み、強引にアスファルトに目を向けさせる。

「牧野、目を逸らすな。12年前、司はここでどうなった? その時の状況と牧野が見て苦しんでいる夢は同じじゃないのか?」

あんなに見るのを拒絶していたのに、無理やりアスファルトに向けられた目が突如と変わる。
瞬きもせずに一転を見つめ、それは遠い何かを見ているようで、次第に顔が歪みだした牧野は、

「いや⋯⋯⋯⋯いやーっ!」

泣き叫び、崩れるようにその場に膝をついた。

「牧野! 今の自分の状況が分かるか? いつもの自分じゃないって分かるだろ? これが病気である証拠だ。
牧野、もうこんな風に苦しむのは止めよう。おまえを苦しめているものは、全て終わった過去だ。現に司は生きてるし、牧野のことも思い出した。何より司は、今も牧野を変わらず愛してる。いや、昔以上だよ。司は、おまえを受け止められるだけの男になってるよ」

それから暫く牧野は、しゃがみこんだまま止めどなく溢れる涙を拭いもせず、声を上げて泣き続けた。




「花沢類⋯⋯、私の病気は治るの?」

帰りの車中、か細い声が訊いてくる。

「大丈夫だよ。きっと治る」

「そう⋯⋯。治療は受けるわ。だけどお願い。この仕事だけはやり遂げたいの。残りあと一ヶ月もない。それまで治療は待って? 
それに、時間が欲しい。まだ⋯⋯、受け止められない自分もいる。
だからお願い。それまで待って欲しいの」

「仕事をやり終えたら、ちゃんと治療を受けるって約束してくれる?」

瞼が腫れて縁が赤くなった瞳を見つめれば、牧野もしっかりと俺を見返してくる。

「約束は守る」

その言葉に嘘はないと確信した俺は、

「分かった。治療は今の仕事が終わってからだ」

そう約束をし、牧野を自宅まで送り届けた。







自宅に着くなりお酒を飲む。飲まずにはいられなかった。

夢のことまで花沢類は知っていた。おそらく、道明寺から訊いたんだろうけど。
まさかその長いこと悩まされてきた夢が病気のせいだったなんて⋯⋯。

確かに私は、あの場所で我を忘れた。いつも見る夢も、道明寺が刺される夢だ。

でも⋯⋯。
でも違う。花沢類が指摘した理由とは絶対に違う。
まるであれでは、私が道明寺を未だに想い続けているような言いぶりだ。
それだけは違う。そんな理由でこんな風になったわけじゃないはず。

どうしても花沢類の言葉だけは否定したくて、私はバッグを掴み部屋を飛び出した。







夜になって類から連絡が入った。
類は、牧野に現実を受け入れさせるため、俺が刺された現場に連れて行ったと言う。
そこで何があったのか改めて思い出させ、それと同じ夢を見ているんじゃないかと、そう突きつけたらしい。
牧野は冷静さを失いその場で泣き崩れ、取り乱した自分を理解し、そして病気であることを受け入れたのだと⋯⋯。

また怖い思いをさせてしまったことに胸は苦しく、どんな気持ちで牧野は受け入れたのかと思うと、苦しい胸は張り裂けそうになる。

プロジェクトを最後までやりたいと希望する牧野に、それ以上は無理強いできないと判断した類は、必ずプロジェクトから離れたら治療を受けるよう約束し、自宅まで届けたとのことだった。

あいつがプロジェクトから離れるまで一ヶ月もない。
その間も苦しむんじゃねぇかと心配は尽きないが、まずは自分の状況の受け入れることはクリア。
ただ、これを朗報だと受け止めるには、あまりにも牧野の傷が深く気持ちは沈む。
仕事にも身が入らず、俺は早めに切り上げ帰路についた。
車に揺られながらも考えるのは牧野のことばかりで。だから、幻覚を見たのかと思った。

マンションの車寄せに停車したその場所に、頼りなく佇む姿。
目に入ったそれが本物の牧野だと認識するなり、俺は慌てて車を降り牧野へと駆け寄った。

「牧野、どうした?」
「道明寺を待ってた」

化粧は剥がれ落ち、重たそうに腫れた瞼。
どけだけ泣いたんだ。
直視するのも憚れる痛々しさに、ずきんと胸に痛みが走る。

「気分は大丈夫か?」

「最低に決まってるじゃない。みんなに病気だって言われて、行きたくもない所に連れて行かれて⋯⋯。どうせ花沢類から訊いて知ってるんでしょ?
⋯⋯私、やっぱり病気なんだって。笑っちゃうわよね」

精彩を欠いた声で自分を嘲る牧野の足下は、安定悪くふらつき危うい。

「牧野、もしかして酒飲んでんのか?」

「悪い?」

「⋯⋯⋯⋯取り敢えず、部屋で話すぞ」

嫌がってる様子はねぇか探りながら、何も言いそうにない牧野の腰を支えてマンションへと誘う。
自分の部屋に入りリビングへと通すと、牧野は俺の手を払いのけ向き合った。

「ねぇ、道明寺。NYでは、散々女性と関係持ってきたんでしょ? どんな時に女性を抱いてきたの?」

「な、何だよ、急に」

それはあまりにも唐突で、予測もしなかった質問だった。
答えにくい内容にたじろぎ、見上げてくる牧野から視線が逃げる。
そんな俺の様子に、牧野が「ふっ」と嘲笑う。

「あなたの女性関係が派手なことなんて有名な話じゃない。今更、口籠もるなんて。
私はね⋯⋯、今日みたいに苛ついた時、愛情の欠片もない男と寝たわ」

今度は訊きたくもねぇ受け入れがたい話に突入し、一体何を言いたいのか分からねぇまま、堪えるように歯を噛み締めた。

「今日ね、花沢類に言われたの。私は道明寺を失う恐怖に支配されてるって。それが病気の原因だとでも思ってるみたい。それじゃまるで、私が道明寺に未練があるみたいじゃない。おかしな話だと思わない?。
愛情もない男と寝れちゃう女が、誰でも構わず女を抱く男を、今も思い続けてるはずないじゃない。ねぇ、道明寺もそう思うでしょう?」

「牧野、飲み過ぎなんじゃねぇのか」

普段よりスローテンポな口調と覚束ない足下。明らかに酔ってる。

「酔ってても記憶も意識もはっきりしてるわよ。
私はね、確かにあの場所で取り乱した。ずっと悩まされてる夢も、道明寺が刺される夢。
でもね、私の病気に道明寺は関係ない!
まだ子供だった私は、目の前で人が刺されるのを見たのよ? その衝撃がトラウマになっただけでしょ。⋯⋯道明寺だからじゃない!」

感情をしきりに抑えようとしてるようだが、完全には上手くいかずムキになって俺を全否定にかかる。

「おまえは何かの意図があってここに来たんだろ? 思ってることをはっきり言えばいい」

「そうね。だったらはっきり言うわ。私はあなたに気持ちなんてない。あるわけがない。それを確かめに来たのよ」

「確かめる?」

「そう」

そして次の瞬間。
俺はあまりの驚きと動揺で声を失い、硬直した。




「道明寺⋯⋯⋯⋯、私を抱いてくれる?」


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト



  • Posted by 葉月
  •  4

Comment 4

Fri
2021.07.30

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/07/30 (Fri) 06:01 | REPLY |   
Fri
2021.07.30

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2021/07/30 (Fri) 08:50 | REPLY |   
Fri
2021.07.30

葉月  

き✤✤ 様

こんばんは!

今回もお付き合いありがとうございます。
よっぽどの事がない限りは、ラストまで一気に更新予定でおりますので、あと数日、引き続き宜しくお願い致します(*^^*)

さて、つくしちゃん。何やらがとんでもないことを言い出しました。
流石の司も固まってしまったようです。
果たして司くん、どうするんでしょうかね(笑)
き✤✤さんの予想が当たるのかどうか、次話での答え合わせを是非に!

コメントありがとうございました!

2021/07/30 (Fri) 19:07 | EDIT | REPLY |   
Fri
2021.07.30

葉月  

ぽ✤ 様

こんばんは!

そうなんです。まさにその通りの考えで確かめようとしているつくしです。
動揺していそうな司はどうするんでしょうね。

それにしても頑ななつくし。
痛々しいと本人が気づかないところが、病的に一つの感情に囚われている証なのかもしれませんね。
それを打ち破る周りも大変です。確かにグーパンしたくります!笑
そんなつくしに、遂に類は実力行使。
司には出来ない遣り方でしょうし、これは類にしか出来ない手段だろうなと思いながら書いておりました。
つくしもまた、類じゃなきゃ聞き入れなかったかもしれません。
類くん、お疲れさまでした!笑

お話も残すところあと数話です。
最後まで見届けて頂ければ幸せです。

コメントありがとうございました!

2021/07/30 (Fri) 19:09 | EDIT | REPLY |   

Post a comment