Please take a look at this

その先へ 19


急に立ち止まった俺の後ろには、西田と黒の塊SP集団。
立ち止まる一行に、エントランスに居る者達からの視線を集めても気にもならない。気になるのはただ一つ。


「副社長、どうかなされましたか?」

「あそこに寄ってく」

西田が俺の視線を追う。

「あのカフェですか? 」

内心、驚いてるのかもしれないが、それどころじゃないと歩き出すと、黙って西田も付いてきた。

前に牧野が買って来たのは、多分この店だろう。

「あそこで注文すんのか?」と西田に確認してから、並ばすにレジに進めば、あいつが嬉しそうにしてた顔を思い浮かべて店員に注文した。

「生クリームが乗ってる、冷たいドリンクあるか? テイクアウトしたい」

それで通じると思ったのが甘かった。
どうやら生クリームが乗った飲みもんは何種類かあるらしく、ドリンク名を色々と言われたところで分かるはずもない。メニューを見てもそれは同じだった。

「生クリームが乗ってるの全種類くれ」

と言えば、サイズは?と返される。
面倒くせぇったらない。

「一番でかいのだ」

何でもデカイ方がいいだろ。
何とか買い終えた俺は、足早にエレベーターに乗り込み、手にした紙袋を覗く。

牧野の好物はどれだ? と覗いた中には六種類のドリンクが並ぶ。
その中から緑色のドリンクを一つ見つけ、これはねぇーな、と脳内で排除する。
他は、みんな似たり寄ったりの茶色で、牧野が買って来た時も、そんな色をしてた。
確か、あれもコーヒーだとも言ってたし。

牧野が選んだドリンクは、ちゃんと覚えとくか。何故だか、そんな考えが自然と浮かんだ。

「牧野さん、喜んで下さると良いですね」

西田の見透かした一言が鬱陶しい。
そんなもんは聞こえないふりだ。

フロアに着くと、まだ先にある見渡せる秘書課に視線を走らせ、コピー機の前に立つ牧野を見つける。
良かった。
アイツのことだから、秘書課にいるとも限らない。
最悪、あちこち探す羽目になるかと思ったが、その手間が省けた。

牧野は、秘書課の男に背後から声を掛けられてるようだが、気付かねぇのか、肩を叩かれた瞬間ピョンと跳ねて驚いてる。
どんだけボっーとしてんだよ!
口元が緩みそうになりながら、正面に辿り着き声を掛けた。

「牧野、俺の部屋まで来てくれ」

そう言って立ち去る間際、牧野の肩に触れた男に軽く睨みを入れていた気がする。

今、俺睨まなかったか?と、うっすら自覚はあるも、あっさり直ぐ忘れ、執務室へと入って牧野を暫し待つ。
牧野とランチをする時に座るソファーへと身を沈めれば、丁度、牧野はやって来た。

「ご用でしょうか」

「おう」

やっぱり表情に変化なしか……。
気を取り直して、ソファーの前のテーブルにある紙袋を差し出した。

「牧野、好きなの選べ」

「……え?」

「おまえに差し入れ。おまえが好きなのどれだ? なんなら全部でも良いぞ?」

少し驚いたように目をパチクリとさせた牧野は、紙袋の中を窺う。

「私に?」

「おぅ。なんか分かんねぇけど……、それでも飲んで機嫌直せよ」

「もしかして、気にして買ってきてくれたの?」

そうストレートに言われても困る。
確かにそうだ。なんでらしくもないことを俺はやってんだよ、と戸惑いが生じ視線を外す。

「あぁ」とだけ短く返して、ソファーの背に腕を乗せ、照れ隠しにふんぞり返った。

「副社長、これ自分で買って来たんですか?」

「当たりめぇだろ」


そっぽを向いて答えれば、広がる沈黙。
やっぱり、こんなんじゃ機嫌は直らねぇか、と次はどうするか思案してみれば、突然、予想外に聞こえて来る、牧野が吹き出し笑う声。

「ぷっ、あははは!」

おずおずと目線を向けると、涙まで浮かべて笑ってる。しかも爆笑は止まらない。

何がそんなに可笑しいのか分かんねぇけど、取り敢えず、機嫌は直ったってことか?

やっと収まったのか、目元を拭った牧野がにこやかに言う。

「副社長、ありがとうございます。丁度、甘いもの欲しいな、って思ってたんですよね! 遠慮なく頂きますね!」


「どれにしよっかなぁー! 」なんて選んでんのは、いつもの牧野だ。
鼻歌まで聞こえてきそうなほど、機嫌良く喜んでるように見える。


「これにしちゃおうかなー!」


まさかのそれかよ。その緑選ぶのか? おまえの好物、何種類あんだよ──────突っ込み所はあるが、何でもいい。


「副社長が買ってるの想像すると笑えてくる!」


おまえ、俺の気遣いを笑う気か? さっきの爆笑は、想像しての結果か?──────失礼な奴だと言ってやりたいが、それでもいい。


「流石に全部は飲めないので、秘書課の皆さんにもお裾分けしますね。でも、男の人は甘いの嫌かなぁ」


その嫌がるかもしんねぇのを、俺に持って来たのは、どこのどいつだ──────嫌みを返したいが、牧野が笑ってんならそれだけで良かった。

牧野の笑顔に胸を撫で下ろす自分は、どこかおかしい。
反面、おかしくても良いと思った。
こいつから表情が消えるよりは。


「後でお礼に、飛びきり美味しいコーヒーを淹れてきますね!」


牧野の弾けた笑みが俺を眩しく照らす。
引き出されるように、俺からも笑みが生まれた。
夢を見てる時の束の間のように、心が解(ほぐ)れる。

だからか、自然と口をついて出ていた。


「牧野、今夜付き合え。メシ行こうぜ!」


何故だかなんて分かんねぇ。
分かんねぇが悪くない。
怒った顔も、呪文の薄ら笑いも、美味しそうに食べる姿も、こうした笑顔も、コロコロと表情が変わる牧野を見るのは嫌じゃない。


何かを求めることにも、もう疲れていたのに、この時間がもっと長くあれば良いとさえ思う。

夢の中の刹那じゃなく、空虚であるはずの現実の中で。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  6

Comment 6

Mon
2018.03.26

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/26 (Mon) 00:33 | REPLY |   
Mon
2018.03.26

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/26 (Mon) 03:39 | REPLY |   
Mon
2018.03.26

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/26 (Mon) 10:45 | REPLY |   
Tue
2018.03.27

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

こんばんは!
いつもありがとうございます。

立ち止まったのはカフェでした(苦笑)
うちの今の司には、ここまでが精一杯!
海の存在までには、考えが及びませんでした(汗)
しかし、何かが司の中で動き始めた模様です。
やはり細胞レベルで記憶されているのかもしれませんね!
何度でも巡りあっては引き寄せられてしまう相手だと思いますし、またそうであって欲しいと願わずにはいられません!

ス*******さんの独り言をフムフムと読みつつ、ムズムズしております!(笑)
早く答え合わせが出来たら良いなぁ、と思いながら、先へと話が進められるようPCの前で格闘したいと思います!

コメントありがとうございました!

2018/03/27 (Tue) 21:44 | EDIT | REPLY |   
Tue
2018.03.27

葉月  

コメントありがとうございます!

*香 様

こんばんは!
読んで下さり、ありがとうございます。

まさかの緑で(笑)
司君ノーマークでした!
あきらや総二郎とは違って、女性の扱いなんて慣れてないですからね。
これが精一杯だったかと。

どうにか司には変化が訪れたようです。
これからどんな風に変わって行くのか……。
時にハラハライライラも訪れるかもしれませんが、見守ってやって下さいませ!

コメントありがとうございました!

2018/03/27 (Tue) 21:52 | EDIT | REPLY |   
Tue
2018.03.27

葉月  

コメントありがとうございます!

***ゃん 様

こんばんは!
お付き合い下さり、ありがとうございます。

司のお誘いにつくしが乗るのか……。
答えは次回へ!
そもそも、司がデートって認識してるかは怪しいですよね(苦笑)
女性慣れしていない司ですし、自分自身でも戸惑いはあるのかもしれません。
そこから無事に脱出出来るよう、司への応援を今後とも宜しくお願い致します(笑)

コメントありがとうございました!

2018/03/27 (Tue) 21:57 | EDIT | REPLY |   

Post a comment