FC2ブログ

Please take a look at this

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Posted by 葉月

その先へ 12



道明寺HDに勤めてから1ヶ月も過ぎれば、道明寺も諦めたのか、私を完全無視することはなくなっていた。
要は粘り勝ちだ。
逆らえばギャンギャン吠えられると思ってるのか、はたまた、苦いお茶を飲まされると相当警戒しているのか、諦めの溜息を吐きながらも、最近ではポツリポツリと話してきたりもする。

今日も視察に行くから同行しろ、と昨日になって直接言ってきたのは道明寺だった。

道明寺と西田さんと共に朝一で向かったのは、売却に出ている、比較的近場のリゾートホテルへの視察。
近頃は、中国企業の買いが増えていて、その場でサインをしてしまう、即決買いも珍しくないとか。
有名な温泉地でも、知らないうちに中国人へオーナーチェンジしていた、なんて旅館もチラホラ見受けられる。
今回も参入してくるだろうと思われるからこそ、スピードが求められた。
法務の立場でアプローチし、道明寺の判断力、決断力への一端にでもなれば、と集中力を高める。

朝から周辺の視察と、相手側との商談も終われば、気付けば時間は14時までもう少しとなっていた。
流石にその場での即決って訳には行かず、本社に持ち帰り詳細を詰めることになった。

指定され私達が今まで居た商談場所は、リゾートホテル内ではなく、古くから営業してるだろう土産屋や食事処が建ち並ぶ、車を待機させるには難儀な細い道の一角。
そこから、車を止めてある場所までと歩く帰り道、流石に胃袋からの激しい主張をキャッチした。

「お腹空きましたねぇ。お昼、どこかで食べてきません?」

「また飯の心配かよ」

道明寺の呟きは無視だ。
西田さんに、どうします? と問い訊ねれば、

「そうですね。東京に戻る前にこちらで済ませましょう」

「ですよね!」

西田さんの同意を得て、直ぐ様キョロキョロ見渡すと、目に入ったのは蕎麦屋ののぼり。
庶民に馴染みある、一般的な作りの蕎麦やさんだ。

「お蕎麦にしましょうか! ほら、あそこあそこ! 入れるかどうか、ちょっと私見てきますね」

「げっ」って、道明寺の声が聞こえた気もするけど、お構いなしに走り出した。

ここで、やれ、どこぞのホテルのレストランだ、イタリアンだ、フレンチだと言われても、時間が掛かってしょうがない。
手っ取り早く食べれるし、この暑さにお蕎麦は持ってこいだ。
店を覗けば、他にお客さんはいなかった。
そりゃそうだ。平日の、しかも昼もとっくに過ぎた14時前。
これなら、道明寺も人の目を気にせずに済むと勝手に判断し、店の人に頼んで了解を得てから、道明寺達の元へと戻った。

「まだ営業してるそうです。他にお客さんも居なかったし行きましょう!」

道明寺と西田さんを促す。

「……マジかよ」

と嘆く道明寺の大きな背中を、

「帰ってからも仕事はわんさかあるんですから、さっさと食べて帰りますよ!」

パンと軽く手のひらで叩いた。


私の目の前には、座ったこともないだろう、小さく硬い木の椅子に大人しく腰を下ろした道明寺。
目線はチラチラと、こじんまりとした店内を探り見ている。

「もしかして副社長、お蕎麦を食べたことないとか?」

「ある。だが、こんな店は初めてだ」

……まあ、道明寺なら来ないよね。
道明寺だもんね。

食べたことあると言っても、高級店での蕎麦懐石とかかもしれない。
不思議そうにしてる道明寺を余所に、私はメニューと睨めっこだ。

どうしよう。天ざるも良いけど鴨汁も捨てがたい。うーん、悩むなぁ……やっぱり鴨汁にしよう!

丁度、決まったところで、店員さんが注文を取りに来る。

鴨汁そばを頼む私と、隣に座る西田さんは、とろろ蕎麦を注文。
副社長は? と確認すれば、何を頼めば良いのか分からなかったのか、おまえと同じでいいと言われ、鴨汁をもう1つ頼んだところで、道明寺は付け加えた。「ビール」、と。

店員さんがチラリと私を見る。

「グラスは1つで大丈夫ですから」

と、ニコリと頷きながら返せば、直ぐに運ばれてきたビール。
それを持って、道明寺のグラスに注いであげる。

「…………うっ」

「いやー、どうせなら仕事じゃなく、旅行で来たいですよねぇ」

「そうですね。都心からも近いですし、たまにゆっくりするのも良いかもしれません」

道明寺の呻きは聞こえないふりで、わざとらしく西田さんに話しかける。

「おまえ、ここに来てまで俺の飲みモンを……」


正解だった。図体のデカイ男が注文したら、対応して欲しいと事前にお願いしておいて。
店内のアルコールメニューは、ビールに焼酎に日本酒。
道明寺が焼酎を頼むとは思えなかったから、ビールならノンアルコールビールを。日本酒なら水でも入れて持ってきて下さい、と。

昼間から飲むなんて以ての外。
大体、仕事中だっての!

「ビールなんて水代わりだ」

なに勝手に操作してんだよ、と恨めしげに見る道明寺を置き去りに、それからも西田さんと会話を続けていれば、運ばれて来る注文した品々。

頂きます!と、早速食べ始めると、それは思っていた以上に美味しくて、箸が休まる暇もない。

「うーん、美味しーい!」

冷たくコシのある蕎麦は、鴨の風味と出汁の効いた温かい汁に合わさって、どんどん食べれてしまう。
夢中になって食べてると、ふと感じる視線に顔をあげた。

「……何か?」

感じた視線は道明寺からのもの。
首を傾げれば、私にではなく、隣の西田さんへと視線を移す。

「西田」

「はい、なんでしょう」

「うちの給料は少ないのか?」

「いえ、上場企業の中でも高い方かと」

「だったら何故だ」

「何がでしょう」

「何故、こいつはバクバク食ってる? 貧しくて日頃、ろくなモン食ってねぇからじゃねぇのか?」

「ブホっ!」

思わずむせて、吐き出しそうになったじゃない!
しかも、なに真剣な顔して聞いてんのよ!

「あのね、美味しいから食べてるだけでしょうが! お陰様で食べるに困らない生活は確保してますので、ご心配なく!」

「貧乏じゃねぇのか」

「そりゃ昔はね……って、しつこいわね! 美味しいものを美味しいって感じて食べることは幸せなことなの! 副社長の方こそ、美味しいでも、嬉しいでも、楽しいでも、面白いでも、ささやかな幸せを見つける努力くらいしなさいよね! 何を生き急いでるんだか、人生嘆くなら死ぬ間際で良いってのよ! 全く損してるんだから! てか、伸びちゃうから早く食べなきゃ」


あー、美味しい! って当て付けに言いながら蕎麦を啜れば、道明寺は店員に『天ざる』を追加で頼んだ。

「誰が食べるの?」

追加した本人は、鴨汁をまだ半分も食べちゃいない。

「おまえ、天ざるとやらも食いたかったんだろ?」

まさか悩み中に、最近は克服していたはずの声がだだ漏れだったか。
だからと言って、大人になり昔程は食べなくなった私が、二人前も食べられる筈がない。

「いくら私でも、そんなに食べられませんよ!」

「食えるだけ食え。西田……と俺も手伝う」


あんたが?
そう思うも、漸く箸を動かし始めた道明寺に逆らわず鴨汁を完食すれば、今度は天ざるがやって来る。

「牧野。これはおまえが食え」

道明寺が指すそれは、天ぷらの主役とも言えるべき、1本の大きな海老。

「俺達はいつでも食える」

その言い方に、まだ貧乏を払拭しきれてないのかと呆れるも、鴨汁を平らげた道明寺に言われるがまま、大きな海老を頬張った。

「おまえ、美味そうに食うな」

どうして、こいつはいつもそうなのか。
小さく洩らした道明寺は、昔も今も、何故か私が食べるところに引っ掛かるらしい。
昔より、品良く食べるようになったはずと思っていた私としては、かなり複雑だ。
なのに、気持ちとは裏腹に自然と頬が緩む。
ちゃんと食べてくれているのが嬉しい。

「これは、副社長が食べて下さいね」

言われるがままに箸を伸ばす道明寺。
西田さんの協力も得て、全て完食した私達は、苦しいお腹を抱えながらヘリに乗り込んだ。

「こんな食ったの初めてだ」

ヘリの中、溜息交じりに言う道明寺。
そんな道明寺を見る私は、東京に着くその時まで、いつになく穏やかな顔をしていたに違いない。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  4

Comment - 4

Tue
2018.03.13

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/13 (Tue) 00:43 | REPLY |   
Tue
2018.03.13

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/13 (Tue) 02:28 | REPLY |   
Wed
2018.03.14

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

こんばんは!
12話にもお付き合い下さり、ありがとうございます。

司のツボは昔も今も変わらずのようで、もしかしたら、潜在意識として残っているのかもしれません。
つくしの独り言を聞き逃しませんでしたし、少なくともパーソナルスペースに侵入されても嫌悪感はないようです。
後は、司の自覚の問題でして(苦笑)

14話は、動きの始まりとでも言いましょうか、きっかけとなるものが書かれる予定でおります。
引き続き、お付き合い頂ければ幸いです。

季節の変わり目は、何かと体調に出やすく厄介ですよね。
ス*******様も、ご自愛下さいね!
コメントありがとうございました!

2018/03/14 (Wed) 18:51 | EDIT | REPLY |   
Wed
2018.03.14

葉月  

コメントありがとうございます!

*香 様

こんばんは!
引き続きお付き合い下さり、ありがとうございます。

お蕎麦繋がりでしたか!(笑)
まさかのご縁だったんですね!

花粉症、大丈夫でしょうか。
幸いにも私は花粉症は発症してないのですが、突然になるとも聞きますし、警戒心だけは強めております。
今日も私の住んでる地域では、かなり花粉が飛んでいると苦しまれてる方が多数おられました。
そんな大変な時期に、PCやスマホまでも……(汗)
*香様とはちょっと違いますが、私も以前、PCが急に駄目になると言う悲劇に陥りまして。
データを取り出すには自力ではどうにもならず、プロの方の力を借りたのですが、何しろ様々な書き物が保存されてたので、偉い恥ずかしい目にあいました(苦笑)
*香様の体調回復は勿論、難題が1日も早く解決されますように……。

コメントありがとうございました!

2018/03/14 (Wed) 18:59 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。