FC2ブログ

Please take a look at this

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Posted by 葉月

その先へ 11


あの女は相変わらずだ。
うちに来て2日目の朝は、挨拶するなり俺の顔をじっとりと見てきた。

「あ、見惚れるわけじゃないから! 見飽きた顔に思うとこなんてないしね」

容赦ない失礼な女は、

「昨夜はちゃんと睡眠とれたみたいだね」

と、一人納得したように、うんうんと頷いていた。
どうやら、俺が睡眠不足かどうか顔色を確認してたらしい。
それから毎朝、睡眠は取ってるのか、酒は飲み過ぎてはいないかと、女からのチェックが入るようになった。

あの女が怒鳴り声で空気を震わすのも、相変わらずだった。
だが、流石に毎日これをやられたんじゃ堪ったもんじゃないと、うんざりしてた俺は気付いた。

あの女は、怒鳴ろうとする瞬間、口を開けて僅かに息を吸う。
その僅かな隙を狙って最低限の返答をすれば、ポカンと口を開けたままキョトンと1拍置く女は「了承しましたと」大人しく引き下がる。

だったら、最初から無視をしなきゃ良いだけの話だが、それはそれで気に入らねぇ。
大体、何だって昼飯まで監視されなきゃなんねぇんだよ。
それでなくても、旨いとも思わないものを口に運ぶだけでも面倒なのに、ブツブツと呪いでも掛けてんのかって程の女の言葉の羅列に、何を食ってんのかさえ分からなくなる。
でも、ここでも気付いた。
いつもより多く食べれば、あの女は嬉しそうに笑う。
呪文を唱える女とは、同じだとは思えないほど嬉しそうに。

それだけじゃねぇ。
あの女が来てからというもの、コーヒーさえも、まともにありつけねぇ。
夕方に出された、昆布茶とかいう訳の分からないシロもんに、

「黙ってコーヒー持ってこい」

流石にイラつき命令すれば、暫くして『コーヒーです』と置かれた、透明のプラスチック容器にストローが突き刺さる、得たいの知れない飲み物。
おそらく、1Fに入ってるカフェからテイクアウトしてきたんだろうそれは、見ただけで吐きそうになるほど、てっぺんに生クリームが渦巻いていた。

「…………さっきの……昆布茶でいい」
「そう? じゃあ、勿体ないからこれは私が!」

断念した俺は悟る。
逆らった俺への反撃半分、残り半分は、嬉しそうにしている女が飲みたかったんだろうと。
お陰で、女の支配下に治められた、日に6、7杯は飲んでただろう俺のティータイムは、コーヒー以外に、紅茶にハーブティー、ほうじ茶に昆布茶……その他諸々とラインナップは増え続けている。

そんな女との仕事は、俺の生活環境を正す目的を外せば、思いの外、やり易かった。

多岐にわたるプロジェクトを抱える俺付だ。
行動を共にするから、後で法務部に確認を取らなくても、直ぐに女からの法務的サポートが受けられる。
契約時のリーガルチェックは勿論のこと、プロジェクト立ち上げの初期から法務面を任せられるのは、時間の短縮にも繋がっていた。
必要とあらば、法務部とも密に連絡を取りながら進める女との仕事も、気付けば1ヶ月が過ぎていた。


「牧野さんが来てから、この執務室も明るくなりましたね」

「騒がしいだけだろ」

コーヒーを頼んでも、その姿を現さない裏切り者の西田。
今じゃ、西田が持って来ていたはずの書類も女に頼んでいるのか、能面より女の顔を見る方が多い。

「しかも、副社長がこれだけ一緒にいられる女性は、なかなか居りません。貴重な存在です」

「あれを女のカテゴリーに入れるのか」

「素敵な女性だと思いますが」

連絡事項を告げ足して出て行った、西田の背中を見送り一人思う。

あれのどこが素敵な女性だよ。
さっぱり分かんねぇ。

服は地味だ。
いつも、黒かグレーか紺のスーツしか着ない。
夏だと言うのに、半袖は愚か。七分丈も着ない女は、俺達に合わせているのか、薄手の長袖スーツをきっちりと着込んでる。

まぁ、顔は黙ってりゃ悪くはない方だ。
昔より、遥かに綺麗にはなったんだろう。
調査書に載ってた、高校生ン時のタヌキ顔に比べたら……。
だが、中身はあれだ。女らしさの欠片もねぇ。

そんな女が、15時になって飲み物を手にこの部屋にやって来た。

じっーと、飲み物を凝視する。
一体、今度は何だ!?

「怪しいもんじゃないですよ。ミントティーです。そろそろスッキリしたい時間かなぁと思って」

「……おい」

「はい」

「俺はあんたと──」

「あんたって人はおりませんが」

「……牧野」

「なんでしょうか、副社長」

自分があんた呼びするのは棚上げでも、俺さえちゃんとすれば、一応は役職名で対応してくれるらしい。
その牧野に聞いてみた。
女らしさの欠片もない牧野に。

「俺と牧野は、付き合ってたんだよな?」

「まぁ………、はい」

「俺は、おまえのどこに惚れてたんだ?」

「はぁ!? な、な、何を突然言い出すかと思えば……そ、そんなのあたしに聞かれてもねぇ…………うーん、強いて言えばあたしの顔、とか? 可愛さにやられちゃったのかな?……ハハハハハ」

「……………………」

「な、何よ! その目は!」

「…………牧野」

「だから、なにッ!」

「今すぐ鏡見て来い」

「冗談でしょうがっ! 真顔で返すなっ!毎日見てるんだから、あたしが一番分かってるつーの! ったく、ホント頭くるッ!」


ブリブリ怒りながら、牧野はいつもの如くドアを乱暴に閉めて出て行った。

……やっぱ分かんねぇ。

30近い女が、頬を膨らませるわ、口まで尖らすわで、からかえば簡単にムキになって怒ってよ。
有り得ねぇだろ。

「フッ………面白ぇ女」

牧野が出てったドアを見ながら、勝手に笑みが零れ落ちた。





それから2時間後。
根に持った牧野に反撃を受けた俺は、せんぶり茶とか言う苦いお茶を飲まされ、悶絶することとなる。

にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  8

Comment - 8

Sun
2018.03.11

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/11 (Sun) 00:20 | REPLY |   
Sun
2018.03.11

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/11 (Sun) 03:17 | REPLY |   
Sun
2018.03.11

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/11 (Sun) 13:24 | REPLY |   
Sun
2018.03.11

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/11 (Sun) 14:44 | REPLY |   
Mon
2018.03.12

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

いつもお付き合い下さり、ありがとうございます。

記憶をなくし感情も荒さがなくなってしまってる状態なので、司の方は大人しい流れでつくしを受け入れ始めたようです!
まだまだ意識する女性とまでは捉えてないようですが、何しろ司ですから(笑)
いつかは、と信じてお待ち頂ければと思います。

体調の方までお気遣い、すみません。
もうすっかり大丈夫です!
3月は何故か毎年、何らかの体調不良を引き寄せるみたいでして、まんまと今年も引き寄せました(苦笑)
何かと忙しい時期でもありますし、ス*******様を気を付けてお過ごし下さいね!

コメントありがとうございました!

2018/03/12 (Mon) 18:52 | EDIT | REPLY |   
Mon
2018.03.12

葉月  

コメントありがとうございます!

*香 様

お話読んで下さり、ありがとうございます。

少しずつ少しずつ、つくしの監視下の元、人間らしい生活や感情を取り戻しそうな……。
或いは、またも猛獣になっていくのかもしれません(笑)
司の成長日記となりつつありますが、引き続き見守ってやって下さいませ。

色々と大変だったんですね。
何より大切なのは実生活におけるリアルな時間ですから、決してご無理はなさらないように、たまには心に休暇を!
……って、これがなかなか難しかったりするんですよね(汗)

コメントありがとうございました!

2018/03/12 (Mon) 18:58 | EDIT | REPLY |   
Mon
2018.03.12

葉月  

コメントありがとうございます!

ゆ**** 様

こんばんは!
読んで下さり、ありがとうございます。

つくしも司の余計な一言に頭にきながらも、相性は間違いなく良いかと!
きっと、ゆ****様のコメントで、つくしも溜飲が下がったことと思います(笑)
少しずつ近付く二人を、今後も温かく見守って下さいませ。

コメントありがとうございました!

2018/03/12 (Mon) 19:01 | EDIT | REPLY |   
Mon
2018.03.12

葉月  

コメントありがとうございます!

***ん 様

こんばんは!
お話にお付き合い下さり、ありがとうございます。

少しずつ近付いてまいりました(笑)
根っこの部分は、司は素直な人だと勝手に推察しておりますので、これからどうなるのか、はたまた、ライバル!?は登場するのか。14話辺りで動きがあるかもしれません。
引き続き、お付き合い頂ければ幸いです。

コメントありがとうございました!

2018/03/12 (Mon) 19:05 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。