FC2ブログ

Please take a look at this

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • Posted by 葉月

その先へ 10


「ただいま、っと」

帰って来た玄関で、パンプスを脱ごうとして体勢を崩す。
いつもより浮腫んだ足のせいで、パンプスがスムーズに脱げない。
手でそれを片方ずつ脱ぎとると、シューズクローゼットにしまい、明日からはもう少し低いヒールにしようと考えながら、リビングへと向かった。

「姉ちゃん、お帰り」

「あ、ただいまー。進の方が先だったんだ」

「うん。新しい職場での初日じゃ気も張るだろうと思ってさ、今夜は俺がご飯作っといたよ」

「うわー、助かる! もうお腹ペコペコなの。着替えて来るからちょっと待ってて」

出来の良い弟との同居生活は、本当に助かる。
頼りない親の元で育ったせいか。いつ何時何が起ころうとも対応出来るようにと、弟は、生きていく為に必要な家事労働等も自ずと身に付けていた。
そんな弟と二人で暮らすようになったのは、進が私と同じ大学へ進学が決まってからだ。一度は東京を離れたけれど、先に戻って来ていた私の所へ進も居を置いて以来、ずっと一緒に住み続けている。
田舎で暮らす両親と離れての二人暮らしは、私にとってなかなかに快適だった。
今じゃ弟は、私の唯一の相談相手。
気の小さかった昔が懐かしいほどに。

引き出しから、ボーダー柄のマキシ丈ワンピを取り出し着替える。
その上にはカーディガンを羽織った。

……にしても、アイツ。

着替え終え、脱いだスーツもハンガーに掛けてから、ストンとベッドに腰を落として、パンパンになった脹(ふく)ら脛(はぎ)をさする。

「今はそれすら面倒臭い、かぁ……」

道明寺が吐いた思いをなぞる。

今日1日。
私が何をやっても言っても、道明寺が怒鳴り散らすことはなかった。
もて余した遣りきれなさや怒りを、言動で行動で思うままに発散していたヤツだったのに。
それはそれで、周りからしてみれば傍迷惑なことこの上ないけれど、それすらしない今の姿が物悲しい。

全てを諦めてしまっているのか。
感情は諦めという名の毒に侵され、麻痺してしまっているのか。
だから自分を労れず、食べないのか、眠れないのか、飲むしかないのか。
だとしたら、そんな生き方は哀しすぎる。

道明寺が、私たちの過去の関係を知ってた驚きよりも勝って、あの言葉が重く残った。

本当なら、私は関わらない方がきっと良い。
何が出来るのかも分からない。
だから、特別なことは何もしないと楓社長には伝えてある。
道明寺が副社長という立場であっても、機嫌を取るつもりもないし、頭にくれば意見も言わせて貰うと。
私が出来るのは、私らしく接するだけ。
昔だって、そうしてきた。
そして、どうしても私が無理だと限界を感じた時には、突然だろうが辞めさせて欲しいと条件を出した。
道明寺に対する思いはないから、それ以上は期待しないで欲しいと。

楓社長は、私の意見を全部飲んでくれた。
何も口出しはしないとまで言ってくれて、言うこと聞かないなら降格にでもして下さい! って言った冗談まで受け入れてしまった時は、流石に内心慌てた。

そんな私を受け入れたくはないだろう道明寺を、楓社長の強引な命令と、西田さんの機転で押さえ込み始まった今日は、怒鳴ったり、嫌がらせをしたりで大忙しだ。

連携を取る、何故か男性ばかりの秘書課に始まり、法務部や経営戦略部を駆けずり回り、『この会社、広すぎんのよ!』と、一人ゴチながら道明寺の仕事をこなす。
私の存在を無視する道明寺相手に、大声を張り上げたりと、なかなか体力もいる。
如何せん、静かな日々を送りすぎていた。
嘗て猛獣使いと言われた身は鈍ってる。
その猛獣も、今は冬眠してるみたいだけど、何故か今も昔も、道明寺が相手となると、全力でぶつからずにはいられなくなる。
感情が勝手に動く。
なんて厄介な男なんだか。
それでも……

「姉ちゃん、まだー?」
「ごめーん。今、行くー!」

それを嫌だとは思わない。苦痛だとは感じなかった。

立ち上がり、電気のスイッチに手を掛ける。

あいつ、ちゃんと夕飯食べてるかな。
夜も寝られるといいんだけど……

道明寺を想い浮かべながら、部屋の明かりをパチンと落とした。


にほんブログ村 小説ブログ 二次小説へ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト
  • Posted by 葉月
  •  4

Comment - 4

Thu
2018.03.08

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/08 (Thu) 05:37 | REPLY |   
Thu
2018.03.08

-  

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

2018/03/08 (Thu) 06:21 | REPLY |   
Sat
2018.03.10

葉月  

コメントありがとうございます!

*香 様

こんにちは!
いつもお付き合い下さり、ありがとうございます。

どう足掻いても過ぎ去った過去は取り戻せないですものね。
後悔するより、それ以上に掴める何かがあれば!そう思いつつ、それを書けるのか?と言う難題に悪戦苦闘しながら、少しずつ進められらば思っております。

その気持ちはあるのですが……
毎年、何故かこの季節の変わり目には体調を崩しがちでして、大したことはないのですが、昨夜は早くに休んでおりました。
*香様も無理なさらず、頑張って下さいね!

コメントありがとうございました!

2018/03/10 (Sat) 11:46 | EDIT | REPLY |   
Sat
2018.03.10

葉月  

コメントありがとうございます!

ス******* 様

こんにちは!
いつも時間を割いて下さいまして、ありがとうございます。

やっと無事に1日目が終了です!
果たしてどうなっていくのか……楓さんや西田さんの思いを受けて、二人がどう絡んで行くのか、ハラハラしながらも見守ってやって下さいませ!
切ないながらも、救われるエピソードも交えつつ進めて行きたいとは思っていますので、暫くはまだ安心頂いて大丈夫かと(笑)
少しでも楽しんで頂けたら幸いです。

今回もコメント頂き、ありがとうございました!

2018/03/10 (Sat) 11:55 | EDIT | REPLY |   

Post a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。