FC2ブログ

You can see all articles

Index

1: ご挨拶とお願い

初めまして。お越し頂きまして、ありがとう

  •  8
  •  -

74: 近況報告です!

ご無沙汰しております。『その先へ』を書き

  •  12
  •  -

73: 『その先へ』御礼

こんにちは!『その先へ』無事、完結を迎え

  •  20
  •  -

72: その先へ 58【最終話】

足を運んで下さり、いつもありがとうござい

  •  35
  •  -

71: その先へ 57

「僕が姉から全てを訊いたのは、司法試験に

  •  10
  •  -

70: その先へ 56

お話に入る前に……。この度の豪雨による被害

  •  4
  •  -

69: その先へ 55

午後になり、調査部から蓮見田に関しての新

  •  10
  •  -

68: その先へ 54

着替えのスーツを片手に、ホテルの部屋のベ

  •  8
  •  -

67: その先へ 53

───とうとう、こんな日が来てしまった。道

  •  8
  •  -

66: その先へ 52

牧野さんの小さな背中を見送り部屋に戻ると

  •  4
  •  -

65: その先へ 51

蓮見田側は押し黙り、牧野さんが次は何を言

  •  12
  •  -

64: その先へ 50

これほどまでに哀しみに暮れた副社長の顔を

  •  10
  •  -

63: その先へ 49

お話を読んで下さいます皆様、いつもありが

  •  8
  •  -

62: その先へ 48

────牧野が辞める。俺には何の相談もせずに

  •  4
  •  -

61: その先へ 47

ここ最近、牧野との食事は叶わず仕舞い。俺

  •  4
  •  -

60: その先へ 46

何とか酔っ払い牧野に酒を止めさせ料亭を出

  •  10
  •  -

59: その先へ 45

「おはようございます」淹れたてのコーヒー

  •  8
  •  -

58: その先へ 44

突然に抱き竦められ、逃げ場のない腕の中で

  •  6
  •  -

57: その先へ 43

夜も10時を回り、進と一緒にリビングで寛い

  •  8
  •  -

56: その先へ 42

「ったく、もう諦めろって」げんなりとした

  •  6
  •  -

55: その先へ 41

道明寺HDに置いた、新プロジェクトチームが

  •  4
  •  -

54: その先へ 40

「よぉ、司! 久しぶりだなぁ」「おぅ」「

  •  4
  •  -

53: その先へ 39

高級外車が静かに滑り込むのを確認して、身

  •  8
  •  -

52: その先へ 38

道明寺を真っ直ぐに見て、あの想い出の日々

  •  8
  •  -

51: その先へ 37

自宅に帰りリビングの扉を開けるなり、驚愕

  •  10
  •  -

50: その先へ 36

射し込む一筋の光に照らされ、瞼を開ける。

  •  6
  •  -

49: Precious Love*番外編─再会*

こちらは短編【Precious Love】の番外編と

  •  18
  •  -

48: 御礼・あとがき

こんにちは!いつも遊びに来て下さり、あり

  •  6
  •  -

47: Precious Love 4

八年の年月が流れても、世間は何も変わらな

  •  16
  •  -

46: Precious Love 3

『桜子か?』「美作さん、おはようございま

  •  10
  •  -

45: Precious Love 2

あれから直ぐに優紀さんに連絡を入れ、先輩

  •  6
  •  -

44: Precious Love 1

こちらのお話は4話完結の短編となります。

  •  12
  •  -

43: その先へ 35

威嚇をしたきり、道明寺は動きもしない。「

  •  6
  •  -

42: その先へ 34

車が静かに流れる中、私は目を閉じたままで

  •  2
  •  -

41: その先へ 33

日曜日の夜。いつもより早い夕食を進と二人

  •  2
  •  -

40: その先へ 32

「副社長、今日はこれでコーヒー5杯目です

  •  6
  •  -

37: その先へ 31

あれからパーティーを直ぐに抜け出し、行き

  •  6
  •  -

36: その先へ 30

きらびやかな会場に踏み込めば、視線が俺達

  •  6
  •  -

35: その先へ 29

隣に座る牧野を見遣る。力を込めた手を組み

  •  6
  •  -

34: その先へ 28

※ 今回のお話は、軽めではありますが、数行

  •  6
  •  -

33: その先へ 27

道明寺と海ちゃんの想像だにしなかった驚愕

  •  6
  •  -

39: 私信となります

本日は私信となります。更新に辺りコメント

  •  2
  •  -

32: その先へ 26

軌道修正したはずが、どうしてこうなる。ベ

  •  8
  •  -

38: その先へ 25

何が慰謝料だ。あの女に損させるようなこと

  •  6
  •  -

30: その先へ 24

散々だった。牧野と食事をした翌日は、昨夜

  •  10
  •  -

29: その先へ 23

なんで俺は、おまえを忘れちまったんだろう

  •  4
  •  -

28: その先へ 22

牧野との食事は、あっという間に時間が過ぎ

  •  8
  •  -

24: その先へ 21

美味しいお酒と美味しい料理に、弾む会話。

  •  9
  •  -

23: その先へ 20

急に何を思いたったのか、道明寺から突然、

  •  9
  •  -

22: その先へ 19

急に立ち止まった俺の後ろには、西田と黒の

  •  6
  •  -

21: その先へ 18

コーヒーを置き、一瞥をくれる。「普通です

  •  6
  •  -

19: その先へ 17

「ふざけんじゃねぇっ! 俺に触るなっ!」

  •  16
  •  -

18: その先へ 16

慢性化してた気だるさが、近頃は感じらんね

  •  18
  •  -

17: その先へ 15

海ちゃんに会った日。夜に行われた研究会で

  •  17
  •  -

16: その先へ 14

「ほら、ちゃんと野菜も食べて!」「…………は

  •  22
  •  -

15: その先へ 13

3週間ほど海外出張に行ってた俺は、昨夜遅

  •  4
  •  -

14: その先へ 12

道明寺HDに勤めてから1ヶ月も過ぎれば、道

  •  4
  •  -

13: その先へ 11

あの女は相変わらずだ。うちに来て2日目の

  •  8
  •  -

12: その先へ 10

「ただいま、っと」帰って来た玄関で、パン

  •  4
  •  -

11: その先へ 9

医者が帰って静まり返る執務室。暫くすると

  •  6
  •  -

10: その先へ 8

「こちらは、今日から副社長付として働いて

  •  10
  •  -

9: その先へ 7

「牧野さん、来て下さりお礼申し上げます」

  •  10
  •  -

27: 御礼

こんにちは!いつも足を運んで下さり、どう

  •  4
  •  -

26: Overturn 【後編】

こちらは、Overturnの後編となります。前編

  •  18
  •  -

25: Overturn 【前編】

2話完結の短編です。宜しければお付き合い

  •  10
  •  -

8: その先へ 6

『姉ちゃん、今夜は、大学時代の友達に、飲

  •  6
  •  -

7: その先へ 5

「お疲れ様でした。どうでしたか?」迎えに

  •  8
  •  -

6: その先へ 4

目の前の男に、見合いはなかったことに、と

  •  8
  •  -

5: その先へ 3

それは、本当に偶然だった。この世界に身を

  •  7
  •  -

4: その先へ 2

──── 一体、何が起きているというのか。私

  •  8
  •  -

3: その先へ 1

お越し頂きありがとうございます。お進みに

  •  5
  •  -

20: 【『その先へ』をお読みになる前に】

お越し頂きまして、ありがとうございます。

  •  1
  •  -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。